2011年04月07日

フラゲレビュー:ソードアート・オンライン7:川原礫

ソードアート・オンライン7 マザーズ・ロザリオ
入手困難を予想していましたが、無事にフラゲできました。
神保町、秋葉原と販売は無く会社の近所の本屋にこっそり売っているのを発見して購入しました。(一応場所と本屋の名前は伏せさせていただきます)

−内容紹介(電撃文庫サイトより):VRMMO《アルヴヘイム・オンライン》にてアスナが遭遇した、とあるアバターの正体とは?

 キリトとシノンが巻き込まれた《死銃(デス・ガン)》事件から数週間。
 妖精アバターによる次世代飛行系VRMMO《アルヴヘイム・オンライン》にて、奇妙な騒動が起こる。新マップ《浮遊城アインクラッド》、その第24層主街区北部に現われる謎のアバターは、自身の持つ《オリジナル・ソードスキル》を賭け、1体1の対戦(デュエル)で、すべてを蹴散らし続けているという。
《黒の剣士》キリトすらも打ち負かした、《絶剣》と呼ばれるその剣豪アバターにアスナも決闘を挑むのだが、結果、紙一重の差で敗北してしまう。
 しかし、そのデュエルが終わるやいなや、《絶剣》はアスナを自身のギルドに誘い始めた!?
《絶剣》と呼ばれるほどの剣の冴え。そこには、とある秘密が隠されており──。
『マザーズ・ロザリオ』編、登場!

ネタバレストーリー紹介:Web版SAOの外伝からの改変です。私自身Web版の読者なのですんなりと入ることができました。
今回の主人公はアスナと《絶剣》ことユウキ(女の子)の二人です。
《絶剣》はターミナルケア(終末医療)対象の子で、メディキュボイドという装置の臨床試験のため、VRMMOへダイブしている。ユウキ(木綿季と書く)は生まれたときからHIVに罹患していて、15年以上戦っていた。3年前からAIDSを発病して入院している。ユウキやその他の終末医療の患者5人で組んでいるギルド”スリーピングナイツ”として3年間ほぼネットの世界にのみ存在していて、さまざまなVRMMOを旅しているとの事。スリーピングナイツはもともとは9人のメンバーがいたが、3名を病気で失っていて、残り3名も余命3ヶ月程度と診断されていた。そこで、次の1名がいなくなってしまうタイミングでスリーピングナイツを解散するという決断を下した。
最後の活動として、ALOでフロアボスを倒して記念碑に自分たちの名前を残すということをやろうということになったが、6人ではなかなか倒せない。そこでギルドで一番強いユウキがあと1名(ギルドは7人で1チームを組める)をスカウトしてこようという話になった。
そこで、ユウキが辻デュエルでおめがねをかなう人を探しているが、なんとキリトもユウキに負けてしまったらしい(本気で戦ったかどうか不明)。そこで、アスナがユウキと戦うことになって、いい線まで行ったけが、あと1撃で負けてしまうところまで追い込まれてしまう。
が、そこでユウキはデュエルを止めてしまい、ギルドへ参加してほしいと無理やりギルドメンバーに合わせるために連れて行ってしまう。
説明を受けたアスナは早速ギルドに参加して、フロアボス攻略を実施する。
フロアボス攻略は1回目は失敗するが、すぐにリトライを掛けようとする。ところが、大規模ギルドの人々がチームメンバが集まるまでフロアボスの部屋の入り口をふさいでしまい、2回目に入れない。
そこで、そのメンバーと戦おうとしたときに。キリトやクラインが助けに来てくれる。なんとかボス戦に入れた7人はアスナとユウキの活躍によって、なんとかボスを倒すことができた。

その後、アスナ自身がもっと親しくなりたいとユウキに言うが、ユウキは拒絶(病気のことはこの時点ではアスナに伝えていない)その後ユウキはALOにまったくログインしなくなった。傷心のアスナにキリトはある病院に行ってみたらとアドバイス。
キリトのアドバイスにしたがって、病院に行った所、ユウキのリアルを知ることとなる。病院でALOにダイブしてアスナとユウキが再び会って、リアルのユウキを認めてこれからも一緒に過ごしたいと意思を表示する。
ユウキはリアルの学校に行きたいというリクエストを出して、キリトが開発中の機械を使ってリアルとVRをつなげてユウキがVRの世界にいながら学校に行けるようなシステムを導入する。
リアルの世界でユウキが学校に通ったり、昔の家を見に行ったり、VRの世界ではみんなとBBQをやったり、デュエル大会に参加して優勝したり、上層界のフロアボスを7人で倒したりなど大活躍。

が、やはり病魔はユウキの体を蝕んでいて、とうとう最後の時が来てしまう。医者から病院に呼ばれたアスナは最後にVRにダイブしてもらうように依頼する。

ユウキはアスナにオリジナル剣技を伝える。アスナはユウキの最後のときを最高にするために、友人を集めて見送りをする。
そして、ユウキは満足したままその命を閉じる。。。

ちなみに、メディキュポイドの大元を開発したのは茅場さん。茅場さんの体のケアをしていた女性が提供したとの事。(これが次のシリーズのネタ振りになってます)
タイトルのマザーズ・ロザリオはユウキのオリジナル剣技(11連)で、この技でユウキがキリトを倒しています。


感想:評価は☆☆☆☆☆(5点満点で5点)
何度読んでも感動するストーリー。アスナの心の変遷がしっかりと書かれていてどんどん大人になっていくところがしっかりと書かれている。
また、キリトの大人になった考えや行動も書かれていて、次のストーリー(アリシゼイション)の骨子が見られます。
ちょっと回りのキャラ(リーファやシノン、ユイ)の活躍が少ないのが残念ですが、それ以上にしっかりとヒロインを描いているところが好感度が高いです。
全シリーズの中でも好きなほうのストーリーでラストのシーンとかも改変されていなくて非常に安心感があります。
当然細かな改変ありますが、許容できる範囲ですね。
ちょっとだけ残念だったのがweb版もそうなんですが、ラストの章がちょっと駆け足気味だったことくらいです。
いろいろなイベントでスリーピングナイツのメンバやユウキ、アスナが活躍しているのですが、もうちょっとしっとりと書いてくれても良かったかと思います。
あと、ポイント高かったのが、abecさんのイラストです。特に最後のイラスト(P288)は見ているだけで涙が出そうです。
次回は多分8月巻末には秋と書かれていますが、今のペースで言えば8月でしょうね。
8巻は新シリーズ(アリシゼイション)ではなく、圏内事件やキャリバー(今回ちょっとだけ振られていた)が掲載されるとのことです。
ちなみに、私は何故かキャリバーが手元にありません。キリトとアスナの濃厚シーンが描かれていた裏ワードギアも持っているのですが、何故か手元にありませんorz
アクセル・ワールドは6月発売予定との事。こっちにも期待ですね。
ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 21:42 | Comment(0) | レビュー:川原礫 | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

今月の電撃文庫発売情報

某2chからの情報です

---
発売日は
北海道・九州 4月9日(土)
それ以外 4月8日(金)
この日より早く着く店舗様は店頭に出さず、発売日に出すように

とまあ、書籍の積込/出荷協定でなく、雑誌と同じ扱いの『発売日設定』での取り扱いへ変更
という旨の連絡をいただきました。
正直、新しいやり方でどうなっていくのかよくわからんです
---

金曜日に発売の場合は夕方から夜にしか購入に行けません。レビューは8日に1冊になります。
購入結果は速報で流します。
ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 23:32 | Comment(0) | フラゲ情報 | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

今月の電撃文庫購入予定

今月の電撃文庫は7日に都心で発売の予定とのこと。
7日はちょうど休みのため、神田か秋葉原に午後一にフラゲに行く予定です。

今月の購入予定は
1.電波女と青春男(8)
2.ソードアート・オンライン7
3.C3 -シーキューブ-XI
4.電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版
5.小春原日和の育成日記(3)
6.恋敵(ライバル)はお嬢様☆ その3!
7.変愛サイケデリック
の7冊の予定です。追加で電撃文庫MAGAZINE Vol.19も購入予定です。
amazonも楽天ブックスも電波女とSAO、C3くらいしか予約とってません。

初日は2冊までしか書評かけないので、リクエストありましたらコメントください。
あと、IS(インフィニット・ストラトス)も8日発売予定なので、一緒に購入してくる予定です。





にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | フラゲ情報 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。