2011年04月25日

レビュー:月光

新刊の変愛サイケデリックのレビューを書いたので合わせて旧作の月光のレビューも合わせて書いてみます。
内容紹介(電撃文庫サイトより)
第16回電撃小説大賞《最終選考作》、ついに登場!
シニカル男子とキュートな悪女の不思議な関係が紡ぎ出す心惑わすルナティック・ラブストーリー!
 退屈な日常から抜け出したいと思いながら毎日を過ごすシニカル男子・野々宮。
 ある日、彼は美人で成績優秀、ゴシップが絶えない謎多きクラスのアイドル・月森葉子のノートを拾う。そんなアイドルのノートからはみ出した紙切れには彼女のイメージとは程遠い言葉──「殺しのレシピ」という見出しが書かれていた。興味を持った彼は思わずそれを持ち帰ってしまう。その紙切れには完成度が低い稚拙な殺人計画が書かれているだけだった。
 翌日、野々宮は月森に探し物がないかと尋ねるが、彼女からは「いいえ」という返事だった。そしてその数日後、彼女の父親が事故死するという報せを聞くことになり……。

ストーリー紹介:シニカルで斜めに構えている高校生の主人公とクラスメイトの完璧お嬢様(実は恋愛経験は豊富?)の恋愛ストーリー。ヒロイン(月森葉子)と主人公(野々宮)はクラスメイトで同じ学級委員の仲間。ある日委員会の帰りに月森が忘れて入ったメモを広ってしまう野々宮。そこには「殺しのレシピ(父親を以下に殺すのか?)」が書かれていた。その直後にレシピ通りに父親が死亡。月森の犯行を疑った野々宮。もが開けて学校に投稿してきた月森は何故か野々宮に告白し、野宮は殺しのレシピの話もあるので、断る。がそれを無視してまとわりつき出す。野々宮のバイト先にまで足を運び、何故かウェイトレスのバイトまで始めてしまう。徐々に関係が近くなっていく二人だけど、それをあまりよく思わなかったのが同じクラスの宇佐美千鶴。彼女は野々宮のことが好きで、勇気を持って告白するが呆気無く玉砕。(野々宮は人間にあまり興味を持っていない)。その後も野々宮と月森はつかず離れずの関係(何故か月森の家に入れられたりするが)を保つ。
ある日、バイト先から野々宮と月森が帰る途中に月森の母親が働いている料理学校から連絡があり、母親が行方不明との連絡があった。野々宮は月森を家まで送るが、家には母親は不在で、父親のPCに遺書らしきメッセージがあった。
数日後に母親は死体として発見され原因は自殺と判断された。しかし、警察の中で自殺と思わない刑事が一人いてその刑事が野々宮に近づく。さまざまな嫌疑を野々宮にぶつけて精神戦を挑む刑事だが、結局は野々宮の冷静さと裏技(殺しのレシピを持っていると見せかけて、自分で書いた”恋愛レシピ”を刑事に見せて諦めさせた)で刑事を撃退。
最後に野々宮と月森の対決で、両親を殺したのは月森と主張する野々宮理由は「そんな気分だったから」とのこと。それを否定する月森。月森は疑うなら私を突き落とせと崖の上のフェンスに腰掛ける。野宮はそんな月森を助けてしまう。
その後、月森は「殺しのレシピを落としたのはわざと。野宮が自分よりも生きているのがつまらなそうだったから、もしかしたら自分の”王子様”になってくれるかもしれない」と告白。
最後に月森は「何故他人に殺しのレシピの話をしなかったのか?」と聞かれ「この世で月森葉子を疑っていいのは俺だけだ」と告白。「私を疑っていいのは野々宮だけ」と月森は回答する。で、その後二人は・・・・

感想:☆☆☆☆(5点満点中4点)
二人を中心とした会話劇。会話もアップテンポで秀逸。特に月森のキャラクターを十分書ききれていてふとした疑問は全て彼女の才能として消化できた(でも嫌味に感じない)。ただ唯一回収出来ていない疑問が彼女が"処女"なのかという点だけである。自己申告では付き合った人はいるが体は許していないと書かれているがその事実は確認出来ていない(笑)。あと、月森が犯人かどうかなんてのは物語の最後にはどうでもいい話になってきていた。読み応えと読後のスッキリ感は十分
世界観とかはあまり意識せずに二人の関係が念密に練られていてそのツマに他の人を適材適所で絡ませている計算されつくした物語だったと思われます。
この本が何故最終選考だったのか原文を読んでないので判りませんがとにかく読みやすくハマりやすかった本ですね。
---
で、変愛と読み比べてみて・・・
変愛の方は人物が書ききれていませんでした。この感想を書きながら(実は月光は読み返してみた)月光は単発勝負、変愛は続刊前提で書いたのかな?と気がつきました。
まあ月光も何故主人公がここまでシニカルなキャラなのかについての言及もないし、他のキャラのフラグはそのままにしっぱなしだけど変愛ほど気にはなりませんでした。
おそらく近いうちに変愛の続刊が出てくるのでは?と思ってしまいます。(そこそこ売れたみたいですし)
なので、変愛では次回にヒロインの書き込みがされるのではないかと期待してしまいます(宇宙人はもうどうでもいいやw)
ということで、次巻を期待しています。
ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 03:01 | Comment(0) | レビュー:間宮夏生 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。