2011年05月29日

レビュー:カナクのキセキ2

遅くなりましたが、今月のラス前書評です。

第22回ファンタジア大賞金賞作の第二段です。
内容紹介:富士見書房サイトとより:ユーリエを想うカナクの村に、来訪者が。一方、度胸抜群の牧場少女・レベッカは親の命令で“影砲士”のもとに嫁ぐことに。シャイな銀獣人スフィアと結ばれ、愛を誓うが!? 愛のため、少女は最強の“お嫁さん”になる
あらすじ紹介:二つのストーリーが同時に進行していきます。ひとつはユーリエがいなくなって5年後のカナクの姿。もうひとつは過去のストーリー。
(カナクの話)ユーリエを失ったカナクはユーリエ(マール)の残した第5の石碑の元で神官を務めていた。そこにはユーリエとカナクと一緒に旅をしたネウ(闇種族)が修道士として同居していた。石碑には当初は何も無かったが、現在では村が出来ていて人々が働いていた。カナクとネウは彼らをサポートしている日々を送っていた。
そんなある日、盗賊のアルマという男が村にやってきて、カナクを護衛するといってきた。カナクはアルマに自分自身が銀獣人であることを明かし、護衛は不要と伝えるが何故か村に居座るアルマ。
一方ネウはカナクに好意を抱いているがなかなか進展しない。布団に入り込むが寝込んでしまったり、酔っ払って絡んだりとホンワカムードが漂っていた。
アルマが村に来た翌日、ネウと外出していたカナクは神殿で不穏な状況を察知する。急いで神殿に戻ろうとすると、そこには何とユーリエがいた。しかし、それは魔導師リーゼという女が変身したものだった。
リーゼはカナクが望めばユーリエと再開し、過去を変えることが出来ると伝え消え去る。
動揺するカナク、そんなカナクを見てネウはカナクに自分の思いを伝える。しかし、カナクはユーリエへの思いを忘れられない。そんな時リーゼがカナクの前に現れ過去へ飛ばされたユーリエの苦難の状況や自分自身が所属している夢の世界であるイストリアルの崩壊(イストリアルはカナクたちが存在しているアレンシアの悪夢を吸収しすぎて崩壊寸前となってしまった)を伝えイストリアルを救い、ユーリエを救うために魔王となって欲しいと伝える。
そして時間を操作することが可能であると証明した。
昨晩のネウとの話の中でやはりユーリエのことを忘れることができないと悟ったカナクはリーゼの誘いに乗り魔王となってユーリエの元にいくことを選択し、ネウとアルマの元を去る。
カナクの代わりに神官となったネウだったが、こちらもカナクのことを忘れられずにカナクの事を追いかける事に・・・・・

(過去の話)影砲士のスフィアと呼ばれる人に急に嫁になることに決まったレベッカという女の子のお話。父親からいきなり「影砲士の嫁になって来い」といわれたレベッカ。父の言うことは絶対であり、貧しい村では口減らしで女の子がいきなり嫁ぐという話はよくあるとの事。
父親に文句を言いながら、スフィアの居るキンドリーの夕闇の長城へと向かうレベッカ。夕闇の長城にはスフィアの他にザイル(中年)とジョン(老人)という人が住んでいた。夕闇の長城は犯罪者を島流しにするという役割も持っているので、この二人にも過去があった。
ザイルは過去国の後方支援部隊長を務めていた。昔マールの石(マールの石碑に使われている石)の運搬をやっていて、そこに他国の兵隊がやってきて戦いとなってしまった。戦いの中で敵の盾とされたレベッカを打ち抜いてしまい、レベッカを救うためにマール石をレベッカに埋め込んだ。それを知った王が怒り、ザイルを夕闇の長城へ左遷させた。
ジョンは現在の王の父(先王)だった。20年前、息子が叛乱をたくらんでいたが国力が下がるのを嫌い野に下った。その後夕闇の長城に何で流れてきたのかは不明。
影砲士スフィアの仕事とは・・・夕闇の長城の先にある夕闇の海から定期的に現れる影の巨人をガザリウムの玉を使い破壊するというのが仕事。スフィアはカナクと同じ銀獣人であって、銀獣になってガザリウムの玉を破壊し続けていた。その戦いでは必ずスフィアが銃の反動で怪我をしてしまうためザイルとジョンが介護をしているとの事。
影の巨人は過去は30日間隔でやってきていたが、現在では10日間隔なってしまった。そして、今度は7日間隔でやってくるようになった。また、影の巨人を倒すためのガザリウムの玉の供給も減ってきているとの事。
影の巨人の襲来間隔は、この国の宮殿の地下にある迷宮の封印に関連しそうな事。ガザリウムの供給が減ってきたのはガザリウムが取れる地方の民が現政権に虐げられてサボタージュしているということがわかった。
影の巨人の襲来間隔が短くなったということが地下迷宮の封印がとかれつつあることだと判明した4人はこの機に無血クーデターを決行することに。
先王を錦の御旗とし、影の巨人を引きずりこんで影砲士の重要性を理解させ、どさくさにまぎれて現王を失脚させるプランをレベッカが考える。レベッカはプランを実行する前にスフィアから初代影法師が使っていたという赤い鎧をもらう。
レベッカは夕闇の長城の使いとして王に謁見を申し込むが無下に断られる。腹いせに暴れていると将軍がとりなしてくれる。ようやく面会にたどり着くがうまくいかない。絶望感に浸りそうになるが、将軍に王の側近が逃げる可能性を示唆し、先王が王権奪還のために動くので一緒に立って欲しいと依頼し、快諾を得る。
みんなと合流するために城へ戻ろうとするが、すでに影の巨人が進化して襲い掛かってきていた。ガザリウムの玉も後1個となってしまい、王城へ向かう。王城から最後の1個の玉を影の巨人を打つスフィア、しかし、それは影の巨人の腕を粉砕しただけであった。ところが、影の巨人は霧散してしまう。宮殿地下の封印が破られ、そこに現れたのはリーゼだった(カナクのところに出てくるねーちゃん)
リーゼはスフィアを手下にしようとしたが、スフィアが拒否したためいとも簡単にスフィアを殺してしまう。リーゼはスフィアの祖先に150年前に本体と意思?(影の巨人)と分離させられてしまったとの事。
リーゼはレベッカを生かしておくことに。それはレベッカの体にスフィアの子供を宿していることを知ったから。そして、レベッカを1年近く睡眠状態にさせておくことに。
レベッカは有名な楽団に拾われた後、神官に預けれ1年近い眠りから覚めたレベッカは一人の男の子を生むことに、当然銀獣の子供である。その子供の名前は「カナク」と名づけることに。そしてレベッカを見守ってくれた神官に「カナク」を託し行方知らずとなる。リーゼがレベッカとカナクを狙っているためカナクの安全のために過去を消すことに。
とある地に流れ着いたレベッカは名前を変え戦いに明け暮れることに、いつしかレベッカはオリヴィア女王となった。そして、カナクを見守りリーゼを倒すために力を蓄えていた。
(ここで2つの物語が繋がる)カナクがリーゼに連れ去られたことを知ったオリヴィアはカナクを追うことに、そしてネウもカナクを追うことに・・・・・

感想:☆☆☆☆(5点満点中4点)
1巻の完結でもう終わったのかな?という話を長続きさせてきました。ユーリエが居なくなったカナクの話が主体だと思っていたのですが、別の話を交えて最後にひとつにまとめるという手法は見事ですね。
レベッカの話はちょっとできすぎ感がありますが、読めないこともありません。話の場面展開が速く二つの話の細切れ感を感じるところがありますが、全体的には読みやすい文章だと思います。
今回は思いっきり次巻への引きで終わりましたが、まあ許せる範囲だと思います。
ただ、気になるところは世界観があまり見えないところですね。この手の話ではよくありますが、それぞれの国の関係とか特徴とか十分に書ききれていないため、どこの国で何が起きていて、それぞれの国の生い立ちや関係、特徴などが不明瞭です。文中にそれなりに書かれているのですがちょっと理解しづらい点があると思います。
ファンタジー系は好きなジャンルですが、なかなか国内のよい作品が無いのでがんばって書いて欲しいですね。
ただし、今回フラグをいろいろと仕込んでいるようですがちょっとわかりやすい点がマイナスです。
次巻も書きあがっているということなので是非購入させていただきたいと思います。
(主の予測)カナクはやっぱり千年前の過去に飛ぶが、ユーリエの死の直前にしかたどり着けなかった(なので第5の石碑が生まれる)死ぬ間際に幸せになったユーリエの元でしばらく暮らすが、銀獣の始祖となるために夕闇の長城付近で生活を始めて(ご都合主義的に言えば)未来から飛んできたネウと一緒に暮らし子供をなす。そのときは母から預かった鎧とマールの物語を持って・・・・
当初はマールの物語を書いたのがカナクだと想像していたのですが、それだと石碑ができないんですよね・・・
予測が当たるかどうかは第3巻に期待です!
ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 16:29 | Comment(0) | レビュー:上総朋大 | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

レビュー:ストライク・ザ・ブラッド1

今月の電撃新刊最後の本です。今月はあと他レーベルを2冊購入予定です。
最後を飾るのは
三雲岳斗のストライク・ザ・ブラッドです。
内容紹介:電撃文庫サイトより:
世界最強の吸血鬼・暁古城を監視せよ!
先輩、わたしの血を吸ってください……
 “第四真祖”──それは伝説の中にしか存在しないはずの世界最強の吸血鬼。十二体もの眷獣(けんじゅう)を従え、災厄を撒き散らすといわれる幻の吸血鬼が、日本に出現したという。その“第四真祖”監視と抹殺のため、政府・獅子王機関は“剣巫(けんなぎ)”と呼ばれる攻魔師(こうまし)の派遣を決定。しかしなぜか監視役として選ばれたのは、見習い“剣巫”の少女、姫柊雪菜(ひめらぎゆきな)だった。対真祖用の最強の霊槍(れいそう)を携え、魔族特区“絃神(いとがみ)市”を訪れる雪菜。そこで彼女が遭遇した“第四真祖”暁古城(あかつきこじょう)の正体とは!?

ストーリー紹介:第四真祖という名前の吸血鬼の暁古城(あかつきこじょう)と政府系機関の獅子王機関所属の監視者姫宮雪菜(ひめみやゆきな)のストーリー。何かの成り行きで第四真祖となってしまった古城(何故そうなったのかは多分次巻以降に書かれると思われるが)。第四真祖はこの世界ではいるかいないか存在が不明だったが、何故か古城が第四真祖として見つけてしまった獅子王機関。獅子王機関は剣術の達人の雪菜を監視役として投入。
古城は超能力者が集う学園都市の高校生として生活している。古城は超能力者としてでなく母親が超能力の研究者のために研究都市に滞在している。同居人は妹1名(暁凪沙@中学生)。古城は吸血鬼になってしまったため、朝に弱くなってしまい、普段の勉強はクラスメイトに面倒を見てもらっている。
そんなか、雪菜が学園都市に派遣されてくる(当然家は古城の隣)。派遣早々に男(それも魔族)に襲われる。そこに偶然通りかかった古城に助けられる。お約束で二人の中は少し進展するが、変態の烙印もしっかりと押される(笑)
その後雪菜は古城と同じ学校の中等部に通い、妹の凪沙とクラスメイトになる。
古城と雪菜の関係は少しずつ進展しているが、そこにロタリンギアというところの殲教師とホムンクルス(人工人間)が現れる。一人で解決しようとする雪菜だが、やはり一人では厳しい戦いとなる。危ない一瞬に古城が助けに来て自分の眷属(12体の眷属を飼っているらしい)を出現させて退けさせることに成功する。
敵の二人は逃げただけであり、正体を調べることに。クラスメイトにコンピュータのスペシャリスト藍羽浅葱(あいばあさき)に依頼する。浅葱は都市のコンピュータを調査してとある研究施設を突き止める。そこに出向く古城と雪菜。そこには殲教師とホムンクルスが隠れていた。が、返り討ちにあってしまう。殲教師とホムンクルスは浅葱がアルバイトしている中央コンピュータのある建物に侵入する。そこには殲教師が信奉している西欧教会の聖人の遺体が島を取りまとめるアンカーとして植えつけられていた。殲教師はその聖人の遺体を取り戻すために島にやってきたとのことだった。
その殲教師を止めるため、怪我を負った古城は雪菜の血を吸い復活してなんとか殲教師を倒し、ホムンクルスの眷獣(ホムンクルスの生気を吸いとってしまう性質がある)を支配下に取り込むことに成功する。
で、最後は獅子王機関は雪菜を古城の嫁にすべく派遣したことと古城の友人と妹が組織から派遣された監視人であることが発覚して1巻は終了。

感想:☆☆☆★(5点満点中3.5点)
まあ三雲氏の著書らしく中二病満載のお話です。話の構成は最近メインヒロインがめっきり出てこなくなってしまいった某禁書目録にそっくりです。
設定自体はまだ判りやすいのでなんとか読みつづけることは可能かと思います。が、途中で作者が飽きてくるとさらなる中二設定が出てくるかもしれませんが・・・・
まあアニメのほうが原作よりもはるかに分かりやすく面白かったアスラクラインの作者様だけに今後の不安要素は満載です(笑)
話は流石に安定感は高く安心して読んでいられます。10巻くらいを目処にサックリと終わらせられるような構成にしてもらいたいものですね。15巻まで続くと、さらに新約とか出したりすると・・・・・・・
こちらも2chで評価高かったので買ってみました。
ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 01:00 | Comment(0) | レビュー:三雲岳斗 | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

レビュー:雨の日のアイリス

続いて雨の日アイリスのレビューです。そもそも購入する気はなかったのですが、某2chで好評価だったので、購入してみました。

内容紹介:電撃文庫サイトより:
それは──ある雨の日の記録。
降り続ける雨の下での、出会いと別れの記憶。
 ここにロボットの残骸がある。『彼女』の名は、アイリス。正式登録名称:アイリス・レイン・アンヴレラ。ロボット研究者・アンヴレラ博士の元にいた家政婦ロボットであった。主人から家族同然に愛され、不自由なく暮らしていたはずの彼女が、何故このような姿になってしまったのか。これは彼女の精神回路(マインド・サーキット)から取り出したデータを再構築した情報──彼女が見、聴き、感じたことの……そして願っていたことの、全てである。
 第17回電撃小説大賞4次選考作。心に響く機械仕掛けの物語を、あなたに。


ストーリー紹介:ロボットが普通に生活している時代の話。ロボット研究者のアンヴレラ博士のもとでメイドロボットとして働いているアイリスが主人公。
アンブレラはアイリスを事故で無くした妹に似せて作ったと言っていたが、実はアイリスは金持ちの家で金をかけて作られた愛玩用(性的な表現はなく、虐待を受けたという記載はあった)のロボットだった。何の因果かわかないが、逃げ出したアイリスを保護したのが3年前。ちょうど妹を交通事故(実はロボットの暴走に巻き込まれた)で妹が死亡したタイミングでなんとなく妹に似ていた(アイリスに「おねーちゃん」と言われたから?)ので保護した。その後3年間は過去の記憶を消して、アイリスとアンヴレラは楽しく主従関係を築いていた。この世界が永遠につづくかのごとく。。。。
ところが、博士は研究中にロボットの暴走に巻き込まれて死亡してしまう。
アイリスはロボット管理局に回収されてしまう。そこで引き取り手の居ないロボットとしてスクラップ処理になることになったが、メイン回路だけ転売されて工場用のロボットへと移植されてしまった。
工場用のロボットとなったアイリスは来る日も来る日もスクラップ場で黙々と作業をするロボットの一員となった。そんなロボットたちの中で不思議な二人のロボットとがいた。人形ロボットのリリスと元兵器ロボットのボルコフだった。二人は仲良しで、夜中にふたりだけ起きて読書会(でも二人は文字が読めなかった)を開催しているとのこと。二人に興味を持ったアイリスはリリスに声を掛けられて読書会に参加することに。アイリスは字が読めたので二人に読んで聞かせることに。とこが、だんだんと視力が悪くなってしまい読むことが困難になってきてしまったアイリス。
と、そんなおり、このスクラップ場が閉鎖されることに。大半のロボットは次の現場に回されるが、一部のロボットが廃棄処分となることに。そんな現実を目の当たりにした3人は脱走することを決意。
そもそもロボットは安全装置があり、人間の命令には従わなければならい。リリスは自分の安全回路を外してしまっていた。そこで、アイリスの安全回路も外し一緒に逃げ出すことに(ボルコフは兵器なので安全回路を外すことが出来ないので、電源を切って強制的に運びだす算段)。ところが、アイリスは自分達だけで逃げ出すのではなくロボットみんなで抜けだそうと考える。
そして、スクラップになって行く仲間が出だして、脱走計画が発動される。なんとか逃げ出した3人だがそれぞれ負傷を負ってしまう。追ってに追いつかれた中ボルコフの安全回路が壊れ、兵器として覚醒し二人を救い出す。ところが、それが軍隊の出動事態まで引き起こしてしまい、ボルコフは二人を逃がすために犠牲になる。負傷を負った二人であったなんとか逃げ出すことに成功する。ところが、リリスはバッテリもなくメイン回路に近い部分に損傷を負ってしまいこれ以上動けなくなる。リリスは大事にとっていたお金をアイリスに託して町の修理工場に行くようにすすめる。リリスが動かなくなってしまったのを確認してアイリスは町の工場までなんとか辿り着くがそこは既にロボットの暴走のため取り壊されてしまった。
傷心のアイリスは最後に町の公園の噴水の中にある像に辿り着いてそこでバッテリ切れとなってしまう。
そんなアイリスをアンヴレラ博士の助手だった人が探し出してアイリスを元の姿に戻してあげる。助手はアンヴレラ博士の遺言を読んでアイリスを復活させようと色々な方面をかけずり回ったとのこと。
復活したアイリスはアンヴレラ博士の遺書を読んで事実を知り、これからはロボットのためになることをすると心に誓う。リリスは捨てられたままになっていたので回収してこれも助手に頼んで復活させた。

感想:☆☆☆☆(5点満点中4点)
ストーリーは読んでいて非常に面白かった。一気に読めるくらいのものでした。何故この作品が電撃大賞の審査員奨励賞なのかは判りません。大賞レベルでもよかったのではないでしょうか?
(作者は他のレーベルでデビューしていたので新人ではなかったのも影響しているのかもしれませんが・・・)
ただ、世界観がいまいち判りません。ロボットが出ているのに町は中世ヨーロッパ風のにおいがしますし、車はあるし、映画館もある。戦争が未だにあったりなど物語の世界が具体的にイメージできないところがマイナスポイントです。
ただ、それを上回るキャラクタの描写。作中に出てくるおはなしの透明感などは非常に良いものであると思います。
作者の過去の作品は読んだことないのですが、このような文章を書き続けていただきたいですね。
アイリスがすこしずつ成長性していくストーリーを今後も読んでみたいので続刊がでたら購入します。
(ただ、なんとなく旅に出よう。滅び行く世界の果てまでと同じように続刊は出なさそうな予感が・・・・・)
ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 16:44 | Comment(0) | レビュー:松山剛 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。