2011年05月10日

フラゲレビュー:なれる!SE4

今月の電撃文庫フラゲ第二弾です。睡眠時間ありません(笑)
内容紹介:電撃文庫サイトより今度はプロジェクトマネージャー!?
話題の萌えるSE残酷物語、第4弾!
 とある出版社の本社移転プロジェクトに参画することになった立華と工兵。とはいえ請け負ったのは一部ルーターの移設作業だけ……だったはずが、あまりの惨憺たる状況にプロジェクトマネージャーが逃亡。その代打を工兵が無茶振りされることに。
 新人にはハードルの高すぎる未経験の業務を前に途方に暮れる工兵。期限は容赦なく迫り、ベンダー各社はごねまくる。はたして工兵はPM業務を完遂できるのか!? そして立華のプライベートの一端も明かされるシリーズ第4弾!

ストーリー紹介:橋本課長の会社の業平案件も継続中の中で、いつものごとく社長の引導によって、とある出版社の移転プロジェクトのWANルータ設置業者として打合せに参加することに。
そのプロジェクトはPMを外注していて、さらに各業者とは個別契約をしている顧客の姿があった。
(注:個別契約する場合はPMは顧客側で立てるまたは顧客層等の権限で外注の業者がPMをたてる、通常はPMを立てる業者のみが顧客と契約し、各ベンダはPMと契約をするという形態をとる)
契約形態と指示命令系統が一本化されていないプロジェクトで、各者の作業範囲(スコープ)も不整合が発生している。そんな中、PMが失踪して退職してしまうことに。顧客の常務とちょうど打ち合わせしていた社長がスルガシステムがPMをやると宣言する。
初めてPMを任される工兵。立華もプロジェクトマネジメントは素人。とりあえず本を買ってきてどのような作業をすれば良いのかを検討してベンダとの打ち合わせに挑む。
工兵から出された資料は机上の空論であり、非現実的な物(やれないことは無いが、管理コストがバカ高くなる)で、ベンダ各社は受け入れない。傷心の工兵は橋本課長に相談することに。
橋本課長は日本酒が好きなので、日本酒のあるお店で飲みながら相談しようとするが、そこに立華が割り込んでくる。橋本課長から有益なアドバイスをもらったが、下戸の立華が間違ってウーロンハイを飲んでしまいダウンする。
ダウンした立華を工兵はカモメと連絡をとった後に立華の家まで送って行く。立華の住んでいるところは高級マンションだったが、立華の部屋はエアコン、洗濯機、洗面台に置かれたコップと歯ブラシ、居間のローテーブルしかなく、カーテンも掛かっていない異様な部屋だった。
橋本課長のアドバイスから必要な資料を厳選し、ベンダとの2回目の打ち合わせに挑む。大半のベンダが理解を示したが、どうしても配線屋(薬院加奈子)が同意をしない。
感情的に詰める工兵だが、加奈子も首を縦に振らない。今回も何も決まらずに打ち合わせは流れてしまう。
顧客の担当が上司にPMが機能していないと報告し、工兵は社長に小一時間ほど説教を食らう。
説教を食らった工兵は落ち込んでしまい、それを見ていた立華が、過去の勉強会の資料を借りていたトランクルームから取り出して工兵に提供する。
その資料を見た工兵は加奈子に謝罪し協力を仰ぐ。これによって、プロジェクトは動き出しただ、まだまだスケジュールが引けない。
スケジュールにバッファを持たせているベンダに調整するが、バッファを削ってくれない。
そこで、ベンダは機器納品のみとして、設定・設置作業はスルガシステムで肩代わりする。それによって納期を守ることが可能になった。(顧客側はまだベンダサイドと契約していなかったから役割を変更することができた)
が、立華は死ぬほど忙しくなり工兵をしばく事に。
二人の関係は立華のプライベートの一端が明らかになったことによりちょっとだけ親密になった。

藤崎さんは地鶏が好きらしい。(本人談)
かもめさんは、六本木のバーで樽飲みとか、冷蔵庫のみ(詳細不明)をしていたらしい。(立華談)
梢さんと工兵が飲みに行くとビール2、3杯で妙な酔い方をしてすぐに眠くなるらしい。(工兵談)

感想:☆☆☆(5点満点中3点)
正直今回は期待はずれ。
SEの話としてみるとチープ(後述)だし、二人の関係もほんのちょっとしか進展していない。新規のキャラ(薬院加奈子)もキャラの書きこみ不足感が大きい。
なんといっても梢ちゃんが全く出てこない。回想シーンで出てくるが単なるヤンデレだろ。
今回の二人の進展は
・立華の部屋にはモノが無い。カーテンも無い。異常な状態(本人も認識してわざとやっているらしい)
・立華は過去にシステム開発に関しての勉強会に参加していたらしい。その資料は自宅ではなくホテルの隣のトランクルームに保管されている。
の2点のみです。
で、続いて移転プロジェクトの話ですが、これはひどすぎますね。時代考証が出来ていないです。
まずは、一昔前は信用商売できましたが、現在では契約書がなければ営業以外のSEを動かすことが出来ません。とくに移転で一番ネックになるキャリア回線については、2ヶ月前の申請では光は引けない可能性が高いです。NTTxxxに頼んだりすると平気で一声3ヶ月と言われたり仮申請や見込みで回線確保や業者確保なんてしてくれません。(本当の意味での)政治的な圧力をかけない限りは営業レベルで全て止まります。

ちなみに、私は過去本当の移転プロジェクトのPM(同じように水平契約)を担当したことがあります。
ベンダコントロールなんて1社の単純本社移転であればそれほど激しい交渉は不要です。もっと激しく交渉するのは運送屋との交渉です。機器や人員を半有するための経路確保、トラックの駐車スペースの確保やエレベータの確保など総務系との交渉が一番難しいですね。
足回りの業者がWBSが・・・とか、スコープが・・・なんてかっこいいことも言いません。最も泥臭いところにいる人達ですからもうちょっとダイレクトな交渉がメインになります。
著者は若い頃SEをやって、そのトラウマと現役SEの友人に話を聞いて本書を書いているということですが、正直デフォルメしすぎていて現場にいた人間から見れば「ありえなーい」の一言です。
3巻までもその傾向はあったのですが、二人の関係や新キャラの魅力がうわ待っていたと思いますが、今回はその新キャラや二人の関係の部分がおもしろくなかったので、この評価です。

仕事の話はどうでもいいから二人の関係を中心に書いて欲しいです。



残り2冊は多少時間がかかる予定です。
ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 03:07 | Comment(0) | レビュー:夏海公司 | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

フラゲレビュー:俺の妹がこんなに可愛いわけがない8

今月もフラゲ出来ましたので、レビューをします。巷では角川グループが先行販売を厳しく取り締まっているとのことで厳しいかな?と思っていましたが、あっさりと買えました(笑)
内容紹介:電撃文庫サイトより:TV未放送エピソード好評配信中!
『兄と妹の物語』──ついにクライマックスへ突入!?
「私と付き合ってください」

 新たな局面を迎えた恋愛模様。
 そして──
「きょうちゃん。────おこるよ?」
「貴様等、そこに並んで正座しろ!」
「恋人ができたそうですね、お兄さん」
 俺の全方位土下座外交が幕を開けた。
 幼馴染みに三年ぶりのマジギレ予告をされたり、あやせに火あぶりにされかけたり──
「五更日向です。──こっちは末っ子の珠希」
 新たな登場人物も加わって高校生活最後の夏休みは毎日が大騒動だ。
 そんなある日、黒猫が『運命の記述』と題された予言書を見せてきて……?
 予言書に秘められた少女の“願い”とは!?
 兄妹の関係にも、一大転機が訪れる、人気シリーズ第8弾!
ストーリー紹介:前回黒猫に告白された京介。その場で返事に悩んでいると、いきなり土下座させられる。答えは打ち上げ(コミケの打ち上げが中途半端に終わっていたのでやり直しをする予定)の後でして欲しいと黒猫に告げられる。家に帰ると桐乃がいて、何故か土下座させられる京介。桐乃からは「『あんたが大切にしている女の子』から告白されたら、ちゃんと・・・真剣に考えてあげて」と言われる。翌日、打ち上げのために田村屋にお菓子を買いにくと、麻奈実に相談があるんじゃないのか?とカマかけられる。しらを切ろうとすると、「おこるよ。」と言われる京介。ついつい、土下座してしまうとそこをクラスの女子に目撃される。黒猫から告白されたことを吐かされて、ちゃんと向き合うようにアドバイスを受ける。
打ち上げでは、京介、桐乃、黒猫は沙織から叱られ、ここでも土下座させられる。
打ち上げは、京介の携帯に桐乃と二人で撮ったプリクラがはられていたり、携帯の待ち受けが桐乃の水着姿とシスコンぶりを発揮。
打ち上げの帰り道に京介は黒猫に付き合うと返事をする。
次の日は部活(ゲー研)のため、学校で落ちあうことになった。学校に行こうとする京介の所に何故か御鏡がやってくる。二人して学校に行って、部活のメンバーを紹介することに。学校では瀬菜が御鏡と京介が恋人同士だと勘違いするなど暴走モードもあったが、黒猫と京介が付き合っている事がバレる。(部活のメンバーは前から付き合っていたと勘違いをしていたが、二人は昨日から付き合い始めたということを知ってビックリする)
昨晩書いた黒猫の希望(預言書=運命の記述(デスティニー・レコード)にしたがって、儀式(セレモニー)を段階的にこなすことになった二人。
と、その前に何故かあやせの家に呼ばれる京介。家ではデフォルトの手錠をかけられ、正座させられ、彼女ができたことを詰問され、這々の体で逃げ出してくる。
翌日黒猫の希望に従い、デートをする二人。
黒猫の希望とは
・先輩と、デートをする(いつもと違う白いゴスロリ(黒猫曰く、堕天使から聖天使へクラスチェンジしたとのこと。京介曰く、黒猫から神猫に変わった)で買い物に行き、一緒にお弁当を食べる)
・先輩に、私のことを知ってもらう(好きなお店を見てもらったり、自分のバイト先(古本屋)を紹介する)
・先輩を、私の家に呼ぶ(黒猫の自宅でマスケラを二人で観る)
・先輩の部屋に遊びにいく(京介の部屋で黒猫たち部活のメンバーで作ったゲームをする。この時に桐乃が帰ってきて、イチャイチャする二人を目撃する)
・先輩を、私の部屋に呼ぶ(妹二人。日向と珠希を紹介されて「お兄ちゃん」と呼ばれる)
・先輩と、プールに行く
・先輩と、花火を見る。(黒猫は浴衣姿)
をなどと夏休みを有意義に過ごす。途中で桐乃との会話が入り、そのなかでフェイトさんが健在だということを知る。
そして、花火を見て次に何をするのか黒猫に尋ねると・・・
予言の書には
・先輩と別れる。
と、書かれていた。。。。

次の日から黒猫と連絡が取れなくなる京介。学校に行けば会えると思い、9月の始業式に部活に顔を出すと瀬菜に「黒猫は転校した」と告げられる。
落ち込み、桐乃に相談する京介。(深夜に妹の部屋に行くことに)状況を聞き、泣き出した京介を優しく慰める桐乃。翌日黒猫の居場所を調べた桐乃は京介を連れて、某市の温泉街へ。そこで黒猫と会い、黒猫と桐乃が対決をする。黒猫と京介が付き合うことを耐え切れなかったと桐乃が告白する。桐乃は京介に対して「兄貴に彼女ができるのがイヤ、あたしが一番じゃなきゃ絶対イヤ」という。でも、「京介に彼女ができるのがイヤ、兄貴が泣いているのはもっとイヤ」だといい、黒猫を連れ戻そうとする。
黒猫は京介に対してどっちを取るのか選択を迫る。
京介が答えようとするが、それを黒猫は「冗談よ」と言って止めさせた。続けようとする京介に対して「それ以上言うと死ぬわよと言って、気絶しそうになる。」
結局、黒猫は遠くに行くのではなく松戸に引っ越すだけ。(今は千葉市に住んでいる)お互い近いから遊ぶことは可能。(桐乃と京介は黒猫家の新居に遊びに行き、黒猫の妹を見て桐乃は萌えたそうだ)

最後に、事の顛末を麻奈実に報告。麻奈実は黒猫の気持ちも判るし、京介と付き合うには高いハードル(桐乃)がいることを明言する。そして、さりげなく京介に告白する麻奈実

京介は何かの気持ちに気がつき始めた。
今回の事件は御鏡事件の鏡だった、黒猫の運命の記述は桐乃の人生相談の鏡だったと気がつく京介。
そして、京介、桐乃、黒猫3人で仲良くするということが、黒猫の最後の希望。その希望が叶うのはかなり先の事だということを理解する。
桐乃が本当に好きな人ができるまでは誰とも付き合わないと誓う京介。

感想:☆☆☆☆(5点満点中4点)
なんか、駆け足な展開でしたね。それもヒロイン(加奈子除く)オールキャストで恋愛編(作者曰く)のラストを飾りましたね。
7巻巻末で黒猫と付き合うということになりましたが、まあ長続きはしないだろうと思っていましたが、あっさりひと夏の経験で終わってしまいました。
このシリーズはおそらく京介が大学に入る前には完結すると思います。(後2,3巻かな?)それまでに桐乃の思いを京介はどこまで受け止めれるのか楽しみですね。

が、若干引っ張り気味と作者が八方美人化していると思われます。それぞれのキャラに人気が出てしまい、本編に登場させてそれなりのフラグを立てないとファンが納得しないという事を恐れているのではないでしょうか?
今回のケースで言えば黒猫はかなり悩んだはずです。いくら京介視点だからといってあっさりとふられてしまったり、松戸に引っ越しただけで高校を転校させてしまったり(頑張れば通える範囲だし、高校は公立の進学校だから普通に考えれば転校はありません。ちょっとご都合主義過ぎますね。

ご都合主義といえば、麻奈実の扱いもちょっと可哀想でした。上記の黒猫の心情が描けていない分を麻奈実が全て代弁してしまっています。これでは麻奈実エンドのフラグが無くなってしまうのではないでしょうか?(最終的に麻奈実を選択する=京介の成長が止まってしまうと思えます)

個人的には黒猫と京介が最後には結ばれて欲しいですね。二人を桐乃が祝福するできるまで成長する(=ちゃんと好きな人(またはすごい高い目標)が出来る)となってほしいと思っています。
近親エンドと俺の翼エンドは辞めてください(笑)

ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 23:27 | Comment(0) | レビュー:伏見つかさ | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

レビュー:七姫物語

ゴールデンウィーク一気読みの最後は
七姫物語です。
2003年に1巻が発売されてから、5巻が出るまで5年(2008年)、そして今年2011年6月に第6巻が発売されることになりました。まあ(待つ時間が)長かったですね。
物語のあらすじはこちらを参照してください。
このシリーズを名作に選んだ理由はとにかく物語の設定、世界観、文章の雰囲気(透明感)がすばらしいということに尽きます。ライトノベルというジャンルよりも早川文庫でFTシリーズ(ファンタシー)で出版して欲しかったくらいですね。
ただ、いかんせん時間掛かりすぎです。1年半から2年に1冊で、ようやく次巻の予告がきましたが、その次はいったいいつになるのでしょうか(笑)
実時間では8年たちましたが、物語の中では4年位(うち3年は1巻の冒頭で消費)という進捗ですが、絵師の方は非常に腕があがっています。下に画像を張っておきますが、ずいぶんと表情が変わってしまっています(笑)まあ、仕方ないこととは思いますが・・・・
本当に忘れたころにやってくるシリーズなのでこの機に読み直しをしてみましたが、非常にさわやかな文体かつすべてのキャラクターが生き生きとしている非常に面白い本です。空澄という主人公がアニメ化されることもひそかに期待しています。
次巻の予告はこんな感じです。
(電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの総合情報メルマガ 〇●『電撃文庫ブートレッグ』 olume.116(2011/04/28)●〇より引用)
◆七姫物語 第六章 ひとつの理想
著/高野 和 イラスト/尾谷おさむ 定価:746円

七つの宮都市が割拠する東和の地は、時代の変革期にあった。 争う理由を探し出し、 異なる未来図に戦いを仕掛ける一宮、二宮の大連合軍。双子都市に向けられた中央の大 軍に、各地方都市の寄せ集め軍は結束を示す。動乱の最中で、各都市が掲げる平和の巫 女姫達は、それぞれの意志を語る。
 定まらぬ世界のかたち、幾重にも交差する姫影、夏草が匂い立つ季節の中で、複雑に 混じり合うのは東和の模様。そして、一番小さな最後の姫、東和七宮空澄姫が見る世界と人々、その眼差しと笑顔のための物語。第六章開幕。

続きを読む
ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 03:34 | Comment(2) | レビュー:高野和 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。