2011年06月11日

レビュー:七姫物語 第六章

遅くなりましたが、七姫物語のレビューになります。
今月の電撃は4冊購入しましたので、あと3冊になります。読み終わり次第レビューを書いていきたいと思います。アクセル・ワールドのレビューで2冊書くと宣言してしまいましたが、読むのに時間がかかってしまったのと感無量で書く時間が取れなかったため遅くなってしまいました。
内容紹介:電撃文庫サイトより
遠くまで来ました。でも、もっと先を見てみたい──。
 七つの宮都市が割拠する東和の地は、時代の変革期にあった。 争う理由を探し出し、異なる未来図に戦いを仕掛ける一宮、二宮の大連合軍。 双子都市に向けられた中央の大軍に、各地方都市の寄せ集め軍は結束を示す。動乱の最中で、各都市が掲げる平和の巫女姫達は、それぞれの意志を語る。定まらぬ世界のかたち、幾重にも交差する姫影、夏草が匂い立つ季節の中で、複雑に混じり合うのは東和の模様。 そして、一番小さな最後の姫、東和七宮空澄姫が見る世界と人々、その眼差しと笑顔のための物語。第六章開幕。
あらすじ紹介:地方都市である、五宮クラセと六宮マキセ、三宮ナツメ、七宮カセンが四都同盟を組む、そこに四宮ツヅミを復興し、地方五都同盟を組むことに成功する。一方、一宮シンセンと二宮スズマは大連合を形成し、連立政権を立てて、東都の安定化を図る事に。
七宮は自軍の軍勢を
一宮は自軍の力で地方都市同盟を解散させたい、二宮は一宮が困ったときに助太刀に入り自分達の立場を強固にしたいという大国のエゴが渦巻く中、戦いの火蓋が切って落とされようとしていた。
最初の火花はクラセで上がった。クラセのウズミ砦の城主がスズマに寝返り、スズマの軍勢がそこを占拠することになった。
三宮と七宮の兵が向かい、七宮の将軍テン・フォウ将軍は騎馬50機だけで砦の兵を挑発し、兵が追いかけていく中、三宮の軍団が急襲し砦を奪い返し、敗残兵を多数捉えことができたが、主力の二宮傭兵部隊はまんまと逃げることに成功していた。
テンはそのままウズミ砦を守るのではなく、スズマの傭兵部隊が五宮クラセに攻めこんでくると読み、五宮クラセに向かうことにし、三宮のシドウ将軍が来るべき一宮シンセンの主力部隊と対峙することになった。
シドウ将軍はあまり積極的で無いシンセン軍に対して交渉を行い、戦闘を回避することに成功する。
一方五宮クラセには二宮スズマの主力の部隊と一宮シンセンの近衛師団である黒旗団が向かう事に。
五宮クラセの最終防衛ラインで対峙する二軍、四都同盟の後衛には三宮の常盤姫が陣取る。
最初の戦いで、七宮の将軍テン・フォウは二宮の傭兵部隊の長であり、異国の王子破軍王ヴィイを待ち伏せし、矢で仕留めようとする。ヴィイは神がかり的な販社でその矢を交わし、乱戦へと縺れ込んでしまう。
戦闘は一進一退の攻防となり、長期戦となってしまう。
そこに、二宮の翡翠姫が戦場へ到着する。七宮空澄姫、一宮黒耀姫も戦場へ向かうことに。翡翠姫は休戦を考え、三宮常盤姫へ使者を送ることになった。
使者に選ばれたのは、過去三宮の常盤姫とも話をして、現在二宮にいて翡翠姫とも話をしている絵師のエヅ・ヨウトで、護衛の騎士はヴィイ(エヅとも知り合いになっていた)1名のみだった。対応する四都同名からはテン(エヅを知っている)一人が武器を外して迎えに中間地点に行くことに。指揮権はようやく到着した四宮ツヅミの傭兵将軍キリハ・ラサ(この人もエヅを知っている)に委託することに。
中間地点で落ち合う両者、話し合いではなく、いきなり殴り合いとなってしまうヴィイとテン。エヅは四都同盟の軍へ逃げていく。ボロボロになるまで殴り合って、引き分けとするヴィイとテン。
常盤姫の元にたどり着くエヅだが、やっぱり常盤姫に嬲られてしまう。
二宮の和平を直接受けるのではなく、和平の使者を一宮に送り、一宮の判断で和平をさせる方針となり、黒耀姫の元に使者として赴くことになった空澄姫。大都市連合の陣営に赴くと、そこには二宮翡翠姫もいた。翡翠姫とも会話をし、黒耀姫と会談に望む空澄姫。和平への話し合いをし、お互いが困ったときには助ける約束を指切りでした二人。東和に暫定的ではあるが、平和が訪れた。
エピローグはエヅさんの話。ツヅミに戻った、エヅはカラカラと話をしたり、いろんな人と交流を深めていた。傭兵将軍キリハ、五宮・六宮の商家のサイ家ハル、破王のヴィイまでもがやってく来たのだった。
来年の夏には七姫揃ってのお茶会を開催することを考えている一宮や四宮を一時復活させたが、やはり南に戻ってしまった琥珀姫の話が語られる。
カラカラもカセンにもどるとのこと。その時までお元気でと笑顔で手を振って別れるカラカラ・・・・・
感想:☆☆☆☆☆(5点満点中5点)
正直言って点数つけれないです。感動の物語です。
8年間かわりないカラカラの笑顔や清廉な物語、しっかりと読ませるストーリー展開。ここまでの文章を書くので、時間がかかってしまっているのかもしれませんが、不満がひとつありません。
全てのキャラが輝いていてます。特に全ての姫たちが思いを持ち、行動し輝いています。
サブキャラや各将軍たちもしっかりと書きこまれていて、読みながらビジュアルが頭の中で動いてくれます。

会社員を行いながらの執筆なので遅筆なのは仕方が無いと思いますが、ここまで書き込める作家をこのまま埋もれさせないでいただきたいものです。
七姫はひとまずの終幕とありますが、是非短編集でも、新作でも出して欲しいものですね。
本文最後のページのカラカラの笑顔を見た途端に涙が止まらなくなりました(本当)
本当に感動できる物語ですので、是非この機会に全部読んで高野和氏を応援してください。
(ブックオフで買うのではなく、本屋で購入してください!)
保存用でもう1セット確保します。
あと、だれか最後のからからさんのページをカラー化してくれませんか?
ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 23:41 | Comment(0) | レビュー:高野和 | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

フラゲレビュー:アクセル・ワールド8

角川グループが先行販売を厳しく取り締まっているみたいなのですが、今月も無事にフラゲをすることができました。近所の本屋さん、これからもがんばってくださいね。
本日は頑張って2冊のフラゲレビューを書きたいと思います。
まず1冊目はアクセル・ワールド8になります。
内容紹介:電撃文庫サイトより
《最強のカタルシス》で送る、次世代青春エンタテイメント最新刊!
「着装……《ザ・ディスティニー》」
《ISSキット》に侵された《シアン・パイル》ことタクムへ、自分の思いを伝えるべく対戦(デュエル)を挑んだハルユキ。しかし、破格の力を得たタクムの前に、為す術もなく倒れる。体力ゲージが残り数ドットとなったハルユキだが、謎の山吹色のアバターの誘(いざな)いを起点に、《加速世界》最強の強化外装をジェネレートする。
「……それが、《災禍の鎧》本来の姿かい?」 暗く妖しく笑うタクムを《ダークサイド》から引き戻し、再びチユリと三人で、明るく笑い合うために!! 光の力を得た《クロウ》と、闇の力に染まった《パイル》、二人の心意が強く共鳴し合い、そして、激突した。
 それぞれの想いが絡み合い、ひとつの大きな物語へと収束したその先にあるものは──!
あらすじ紹介:前巻の引きで、ISSシステムに取り込まれそうに成ったタクにザ・ディスティニーを装着して対応しようとするハル。。が、ディスティニーのみを装着することに抗うザ・ディザスター。結局ハルはディスティニーを右肩までしか装着できなかった。
が、ディスティニーは強烈で、ISSをまとったタクの攻撃を防ぐことに成功する。
タクはISSに飲み込まれてなく、ISSを配っている《マゼンダ・シザー》を倒しうに行くと宣言する。
それを止めようとするハル。二人は心意技で決着を付けようとする。しかし、二人の力は拮抗してしまう。
そんな時に、ISSキットが複製されていく。複製されたISSがハルを攻撃しようとしたその時に・・・・
タクが自爆をして、なんとかハルへの攻撃を食い止めようとした。
結局ハルの勝利で戦いは終了。タクはポイント全損とならずにリアルへ帰還することができた。
しかし、ISSはまだタクの中に入っている。その日はチユリも含めて3人でハルの家に泊まることになった。
3人で一緒に宿題して風呂に入って(こっちは別々に)、直結して並んで寝ることに。みんな寝静まったころ、チユリに起こされるハル。気がつくとチューブ型の空間に二人でダイブしていたのだった。
実はこの空間はタクの中にあるISSが創りだした空間で、タクのISSの情報を収集しているブレインバースト中央サーバのある部屋につながる道だった。コンピュータ室にはディスティニーにの中にいる山吹色したアバターが解説者として存在していた。中央サーバ(メイン・ビジュアライザ)は人の記憶と同じ形式でデータとして保存している、強い意志でが刻まれたオブジェクトは思考回路を持つことがある、
ISSは中央サーバに誰かが仕掛けた種で、ISSを装着している人を夜な夜な召喚して、そのデータを吸い上げるということを行っているなどと解説してもらった。
そこで、ハルとチユリはISSの黒い肉塊に引き込まれようとしていたタクを発見する。
ハルの心意攻撃(光線剣)で黒い肉塊をたたこうとする。本来光線剣は2,3メートルしか届かないが、タクのいるところまでは50mも離れている。チユリの協力を得て、なんとかタクを解放することができたが、黒い肉塊はタクに襲いかかってくる。そんな時、タクが心意攻撃《蒼刃剣》を繰り出し、ISSを本体を打ち砕く事に成功する。ようやくISSの呪縛から開放されるタク。
朝学校に良く途中でバーストリンクして、アッシュと落ちあうことに。アッシュの弟分でISSに犯されたうーたんを助けるチャンスはいまだと伝えようとしていた。アッシュと落ちあうことに成功したが、なんとデュエルをすることに、色々と楽しく戦ったが、結局は引き分けにすることにした。
そこで、アッシュはハルに心意の使い方を教えて欲しいと依頼する。
アッシュの親の師匠レイカーに教えてもらえば良いのだが、レイカー師匠の訓練は厳しく、以前にハルがうけたレクチャー(東京タワーから突き落とされる)は「お客様用のまろやかな訓練」とのこと。それ以上のことをされるのが辛くて、ハルに依頼することにした。
学校では体育の時間にバスケットに挑戦するハルとタク、ハルも少しづつリアルの世界でも馴染んでいくことに、一生懸命頑張りすぎて、倒れてしまうハル。それを保健室でフォローする黒雪姫。放課後は謡と鳥の世話をして、楓子《スカイレイカー》やタクとチユリと合流して帝城の決戦へと挑む事に。
楓子はアッシュとタクが心意の訓練をしようとすることを見抜き(アッシュを詰めて聞き出した)、アッシュを連れて(拉致して)帝城脱出後は訓練をしてあげると宣言をした。
帝城ではリードが待っていて、リードとアーダーメイデン(謡)と3人で敵を倒し、逃げまわり城壁へと到達する。帝城は複雑なダンジョンだが、リードは全てのダンジョンを暗記していた。そして、リードの心意攻撃で城壁を破り、脱出が可能になる。が、リードは帝城を出ないことを選択し、本名?が《アズール・エア》だと名乗る。
城壁の外には四神スザクが控えていた。スザクの攻撃にアーダー・メイデンは腕を失い気絶してしまう。ハルもゲージを減らしつつある、そこにブラックロータス(黒雪姫)を抱えたレイカー(楓子)が特攻してくる。二人は囮になりながらハル達を助けようとしたのだった。
スザクの攻撃を避けたハルにシアンパイル(チユリ)が体力回復をかける。チユリとタクはブラックロータス立ちを助けるようハルに託したのだった。
再びスザクに向かっていくハル。ロータス達二人を抱えてスザクの攻撃を避けるが、飛ぶことにより必殺技ゲージがどんどん減っていってしまう。このままでは捕まりそうになってしまう。そこで、ハルは第二の心意攻撃(?)《光速翼》を発動させることができる。この攻撃で亜空間まで飛翔し、なんとかスザクを振り切る。逆にスザクを倒そうとロータスたちが攻撃を行うが、他の四神からの支援がはいってしまい、スザクは回復してしまう。
残念ながらスザクを倒すことは出来なかったが、無事に帝城から脱出することには成功する。

お約束の修行タイムに突入かと思いきや、アッシュが合流していなかった。
アッシュを探しに行くハル。そこでハルが見つけたのは・・・・・・

ブッシュ・ウータンの死亡エフェクトとISSに犯された5,6人組に嬲られているアッシュの姿だった。
その姿を見たハルは、とうとうザ・ディザスターを呼び出してしまったのだった(続く)

感想:☆☆☆☆☆(5点満点中5点)
またやもや続くです(笑)
3巻連続です。どうにかしてださい。作者も後書きで謝っていますが・・・・(苦笑)
話は帝城編が終わり、次の展開へのポイントとなる部分ですね。
AWの世界観も少しづつでてきて、SAOとの接点(フラクトライトっぽい話)も出てきて面白くなってきたと思います。
ハルもタクもリアルの世界でも成長し、チユリや黒雪姫との関係も気になってきます。
また、今月発売の電撃文庫マガジンのネタふりも入っていて、しっかりを読ませてくれる内容になっているのではないでしょうか?

これから、ハルの成長や黒雪姫の卒業や色々な出来事があると思いますが、少しづつ進んでいって欲しいですね。
次巻は冬に出るとの予告が巻末にありましたので、10月くらいに発売ってイメージでしょうか?
(前回は初秋頃の予告で6月だったので)。8月はSAOの短篇集と1ヶ月おきの刊行ペースはこれからも守ってほしいですね。

ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 23:57 | Comment(0) | レビュー:川原礫 | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

レビュー:文学少女の追想画廊2

文学少女シリーズの画像集です。もともと買うつもりが無かったのですが、文学少女の最後のショートストーリーが掲載されているとのことなので、悩んでいたのですが、気がついたらポチっとしてしまっていました(笑)
内容紹介:ファミ通文庫オンラインより。
"文学少女"の世界を描き出す美麗ファンブック第2弾!!
大人気シリーズ『"文学少女"』より、『挿話集』『見習い』『半熟作家』、計8冊の美麗文庫イラストを完全収録したファンブック第2弾が登場! 竹岡美穂先生の描き下ろしイラストや、野村美月先生書き下ろしの甘〜い短編小説のほか、メディアミックス関連イラスト、未公開ラフも多数収録! 登場文学作品一覧などの資料も充実し、既刊『追想画廊』とあわせて『"文学少女"』の世界を網羅する1冊です!!
あらすじ紹介画像集の方はおいておいて、ショートストーリーの話を書きたいと思います。が、ショートストーリーなので内容の記載は省きますが、プロポーズしてから結婚するまでの期間のおはなしでした。ちょうど半熟作家の裏で進んでいた物語ですね。
せっかくなのでキーワードを二つだけ。
「井上ミウはみんなの作家だけど・・・・・井上心葉はあなただけの作家です。」
「井上遠子は、心葉くんだけの"文学少女"です。」

感想:☆☆☆☆☆(5点満点中5点)
あまいストーリーを読みたい方には是非。
二人の関係の最後のピースが埋まる時を読むだけで、2,400円文の価値はあると思います。文庫にはのらないと思いますので、是非買って読んで、ニヤニヤしてください。
読んでいるだけで幸せになれる話です。サイズが大きいのでちょろっと読むのが面倒なんですが、既に10回以上読んでいます。
あ、竹岡美穂さんの絵も素敵ですよ。

ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 00:00 | Comment(0) | レビュー:野村美月 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。