2011年06月05日

レビュー:文学少女の追想画廊2

文学少女シリーズの画像集です。もともと買うつもりが無かったのですが、文学少女の最後のショートストーリーが掲載されているとのことなので、悩んでいたのですが、気がついたらポチっとしてしまっていました(笑)
内容紹介:ファミ通文庫オンラインより。
"文学少女"の世界を描き出す美麗ファンブック第2弾!!
大人気シリーズ『"文学少女"』より、『挿話集』『見習い』『半熟作家』、計8冊の美麗文庫イラストを完全収録したファンブック第2弾が登場! 竹岡美穂先生の描き下ろしイラストや、野村美月先生書き下ろしの甘〜い短編小説のほか、メディアミックス関連イラスト、未公開ラフも多数収録! 登場文学作品一覧などの資料も充実し、既刊『追想画廊』とあわせて『"文学少女"』の世界を網羅する1冊です!!
あらすじ紹介画像集の方はおいておいて、ショートストーリーの話を書きたいと思います。が、ショートストーリーなので内容の記載は省きますが、プロポーズしてから結婚するまでの期間のおはなしでした。ちょうど半熟作家の裏で進んでいた物語ですね。
せっかくなのでキーワードを二つだけ。
「井上ミウはみんなの作家だけど・・・・・井上心葉はあなただけの作家です。」
「井上遠子は、心葉くんだけの"文学少女"です。」

感想:☆☆☆☆☆(5点満点中5点)
あまいストーリーを読みたい方には是非。
二人の関係の最後のピースが埋まる時を読むだけで、2,400円文の価値はあると思います。文庫にはのらないと思いますので、是非買って読んで、ニヤニヤしてください。
読んでいるだけで幸せになれる話です。サイズが大きいのでちょろっと読むのが面倒なんですが、既に10回以上読んでいます。
あ、竹岡美穂さんの絵も素敵ですよ。

ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 00:00 | Comment(0) | レビュー:野村美月 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。