2011年10月09日

フラゲレビュー:ロウきゅーぶ!9

続いてロウきゅーぶです。
内容紹介:電撃文庫サイトより:少女はスポコン! コーチはロリコン、旅情編!?
さわやかローリング・スポコメディ、最新巻! 

 慧心女バスの少女たちも楽しみにしていた修学旅行がいよいよスタート! 京都に向かう皆を送る昴……のはずが、なぜか商店街で当たったくじ引きで葵と二人で京都へ行くことになり──!?
「わーい。おんせん、ろてんぶろ〜♪」
「そいやヒナ、また胸大きくなった?」
「まさか、のぞきに来た男子とかじゃ」
「──遊びに来て下さったんですねっ」
「は、長谷川さんと同じお布団で……」
宿泊予定のホテルでは、葵と同室になっただけでなく、智花たちとのバッタリ遭遇ハプニングが! その時はまだ真帆に迫る危機など知る由もなくて──。
あらすじ紹介:前巻の商店街の福引で当たった京都旅行に葵と二人で行くことになった昴。同じタイミングで京都に修学旅行に行くことになった慧心女バスの子たち。
そんな時に、葵はバスケ仲間から勝負下着のプレゼントをもらう。一方昴は竹中からひなたのパンツを返すように言われてしまう。
いろんな思いを持った京都への旅がスタート。新幹線での駅弁は崎陽軒のシュウマイ弁当(ベタすぎ)
初日の行動は清水寺へ。そばの縁結びの神社でおみくじを引く二人。
昴のおみくじは「第21番 大吉:このみくじに当たる人は、自ずと何かすることなく常に良縁に恵まれ続ける。困難はただひとつ、誰を選ぶかそれのみ。」にこにこして葵に見せる昴。葵はげっそりとなってしまう。
お約束通り、二人と慧心は同じ宿になっていた。さらなるお約束で二人は同室になってしまう。ロビーで竹中と視線を交わす昴。ミッションは決行されるのか?
大浴場は小学生が使うため、とりあえずは部屋のシャワーを使おうとする葵。昴はパンツを持って竹中のもとに。忘れ物をとりに戻ると下着姿(勝負パンツ)の葵とばったり。
竹中と昴は女子の部屋の廻りを偵察に行くことに。そんな中、怪しげな人影を発見する。逃げる人影を追いかけると落ちているメモを発見する。そのメモには「MM:誘拐ルート候補」と・・・慌てて人影を追いかけるが、とうとう巻かれてしまう。巻かれた場所はなんと女子の露天風呂のそば。そこには女バスのメンバーが入っていたのだった。このタイミングを測って、女子の部屋に突入する昴と竹中。無事にパンツを返却するし、部屋を出ようとすると、ばったりと女子バスケのメンバーと会ってしまう。
遊びに来てくれたと誤解する智花になんとか誤魔化すことに成功するが、これもお約束のミホ姉の巡回にぶつかってしまう。またまたお約束の布団潜っての回避でみんなと同じ布団に潜り込むことに成功する。
なんとかミホ姉を回避することに成功し、さらに竹中を連れて逃げ出すことに成功するが、今度は紗季のパンツを竹中が持って返ってきてしまったのだった(笑)
悶々とした夜を過ごした葵と昴は寝不足のまま次の日へ。女バスメンバーは班行動へ。二人も一緒についていくことに。行ったところは平等院鳳凰堂。その近くにある源氏物語動画館へ行くことに。そこでは、光源氏に扮した動画が取れるとのこと。光源氏はもちろん昴。その他の配役もあり、動画を撮影した。その後、お茶を買いにくことに。そんな中、真帆に怪しげなメンバーが話しかけてくる。昴の介入で何とかできたが、後に昴当てに怪しげな電話が来ることに。。。。
翌日、予定を変更して女バスのメンバーと行動を共にする昴。行き先は京都の映画村。機嫌が悪くなる葵をなだめながら真帆を監視する昴。女バスのメンバーがイベントを見ている中、イベントの悪の組織?が真帆を連れ去る。バスケの2on2での勝負を挑まれた昴は葵と参戦することに。相手は大学生らしかったが、二人の絶妙なコンビネーションでなんとか勝利をもぎ取る。真帆を助けるべく楽屋裏に進むが、そこには既にミホ姉に助けられている真帆の姿があった。
警察に知らせようとするが、実は真帆をガードするシミュレーションだったと説明される。悪の組織のリーダーは実は真帆のメイドのやんばるさんだったのだ。そこに解説に現れる真帆の父。真帆の父は何故か昴のことを気に入ってしまい、真帆と婚約して欲しいと言い出す。とりあえずは真帆の真意を優先すべきであり、婚約はおかしいと逃げることに成功する。そのかわりといって、何か希望することが無いか聞かれる昴だった。昴はあるお願いをすることに・・・・・
京都の町で買い物をして、女バスメンバーと京都タワーで合流する二人。合流後は智花と真帆とツーショットになる昴だった。
帰京後、真帆のメイドがスバル達に持ってきたものはバスケットボール大会の案内だった。(特別ルールでメンバー交代なし)。昴が真帆の父に頼んで開催してもらったものだったのだ。
感想:☆☆☆☆(5点満点中4点)ある意味安定した感があり、お約束満載の修学旅行編でしたね。バスケのシーンをどう取り入れるのか?それともバスケのシーンは書かないのか気になっていましたが、なんとかこじつけで入れることが出来ましたね。
あとはおみくじとか光源氏とか色々と趣向が混じっていて純粋に楽しめる回でした。葵との仲もなんとなく進展してきて、今後の関係も楽しくなって来ましたね。
次回からは念願の試合に入ってくると思いますが、女バスメンバーがもっと活躍して欲しいですね。これからはクリスマスのイベントや色々なイベントが目白押しの秋〜冬に掛けての物語になりますので是非ライトな切り口は続けて欲しいですね。
アニメは終わってしまいましたが、第二期も期待できる出来でしたのでこれからも頑張って欲しいとは思います。
しかし、このままハーレムエンドで終わってしまうのだろうか・・・・
ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 03:59 | Comment(1) | レビュー:蒼山ザク | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。