2013年06月08日

レビュー:俺の妹がこんなに可愛いわけがない12巻

久しぶりのラノベレビューです。
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(12)
今回はアニメ化中、かつ最終回と、編集者のステルス・マーケティングで話題沸騰中の俺妹12巻です。
あらすじは速報版ではないので割愛しますが、実妹エンドでした。
2ch当たりでは賛否両論出ていますが、個人的にはこれはこれでありなのではないか?と思っています。

要は桐乃・京介と黒猫・沙織、あやせの関係を今後も友人として継続させていくためにはこの選択肢しか無かったかもしれません。地味子エンドにしてしまった場合は、桐乃の感情が持たなかった可能性もあるかと思います。

が、10年間は桐乃と黒猫は音信不通になるって設定ないので今後の話がどうなるのかは興味がありますね。
アニメも今月で終了ですが、終了後3話継続でアニメが作られて、さらにBD1巻には10年後のストーリーが出るというさすがの俺妹商法も健在です(笑)

個人的にはラノベとアニメに戻ってくるきっかけとなった作品が完了してちょっと感無量的な状態です。
たまたまテレビで見て、録画したくなってPT2を購入し、PCをVerUpしてBD環境を作り、ディスプレイを大型し、さらにフィギュアを購入し単焦点レンズを購入して撮影環境を作ったり、
とらドラなどを初めアニメ化された原作とアニメ本体を見始めてその他のアニメやラノベを見たりなどとオタク活動復活のきっかけを作ってくれた作品でした。

最後が編集者のステマ疑惑でちょっと後味悪くなってしまいましたが、読後は感無量って感じですね。



俺の妹がこんなに可愛いわけがない(12)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(12)
著者:伏見つかさ
価格:662円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 22:11 | Comment(6) | レビュー:伏見つかさ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。