2011年10月08日

フラゲレビュー:アクセル・ワールド9

10月の第一弾はアクセル・ワールド9-七千年の祈りです。
SAOとのダブルアニメ化も決定し、勢いのある川原礫氏の最新刊です。ちなみに12月にも川原氏の作品が発売されますが、予定されていたソードアート・オンラインAlicization編ではなく、アクセル・ワールドの短篇集になるみたいですね。
さて、本編の話ですが、6巻ら続いていた「次回に続く!」はようやく終わりになりました。毎刊読み終わってからのイライラ感(笑)はなくなりました。ま、別の意味でイライラとする巻ではありましたが(笑)
あらすじ紹介:電撃文庫サイトより:≪災禍の鎧≫に侵食されたハルユキの運命は──。
次世代青春エンタテイメント!

「許さない。お前を殺す──バーストポイントが全部なくなって、加速世界から消えるまで、殺し続ける」
 再び≪クロム・ディザスター≫となってしまったハルユキは、≪アッシュ・ローラー≫を痛めつけていたアバターたちを鬼神のごとき力で瞬殺する。そして、深部まで完全に≪災禍の鎧≫と融合してしまうのだった。
 滅ぼすべき敵を求めて≪加速世界≫を飛翔するシルバー・クロウ。そして彼は、次なるターゲットとして、≪ISSキット≫とその制作者たる≪加速研究会≫に憎悪の矛先を向けた。
 誰も制止不能の狂戦士(バーサーカー)。そんな彼の前に、一体のアバターが立ちふさがる。
 その名は、≪グリーン・グランデ≫。
 最強の大盾≪ザ・ストライフ≫を携える絶対防御の≪緑の王≫と、呪われた狂気のアバターが激突する──!
≪災禍の鎧≫編、完結!
内容紹介:アッシュとブラックウータンのPKシーンを見てしまったシルバークロウは『災禍の鎧』を召喚してしまう。せっかく種子となっていたが、これで、シルバークロウとザ・ディザスターが一体と化してしまったのだった。
アッシュローラとブッシュウータンをPKしていた6人のISSキット装着者を一瞬で屠るクロム・ディザスター、ISSキットから離脱したと思われる赤い光を追いかけてISSキットの本拠地に乗り込み破壊しようと追いかけるハルユキ。
ところが途中で緑色の壁が一面を塞いでしまう。それは六本木ヒルズの下に板緑の王・グリーングランデが発した『光年長城』であった。緑の王は緑の第三位『アイアン・パウンド』を伴っていた。
ハルユキは緑の王が自分の配下のメンバーがPKされていることを知りながら手助けしなかった事や自分を「加速研究会」の仲間だと疑ったことにより戦うことを決意する。
相手は王ではなく第三位のアイアン・パウンドだった。アイアン・パウンドはボクサー系の力を使い、ディザスターを追い詰めるが、初代ディザスターの能力である「フラッシュブリング」(瞬間移動みたいなもの)をつかって倒すことに成功する。
そして緑の王に対峙し、全力で倒そうとするが、あっさりと跳ね返されてしまう。その時に緑の王が今まだ何をしてきたのか?を知ることになる。
緑の王は粛々とエネミー狩りをして、貯めた莫大なポイントをアイテムに変え、下位のエネミーに食わせていたのだった。下位のエネミーを狩るのは低位のバーストリンカーであり、彼らの中で流通するポイントとなるのであった。何故そのような面倒なことをするのか?との問に対して、緑の王は「全てはブレインバースト#2038、(またの名をトライアル#2)と呼ばれるこの空間を守るため」とのこと。
そのような知識があるのに、何故ISSキットの流通を妨げないのか?という叱責に対して、緑の王はISSキットサーバーが置かれている場所にはレジェンド級エネミー「大天使メタトロン」が置かれていて、通常時はどんな攻撃もスルーし即死攻撃を仕掛けてくるというラスボスが設置されてしまったとのこと。
そして、それを倒すには「地獄ステージ』にならなければならないこと。そろそろそのステージに変遷する可能性があるので、3日(実際は三ヶ月?)待っていたとこと。
緑の王がなぜアッシュを助けにいけなかったのを理解する。今回の変遷でも地獄ステージにならなかったため、緑の王とアイアン・パウンドは戻ることになった。ハルユキも戻ろうとした時に、物理的な接続が着られ、現実世界へと戻ることになった。
現実世界でみんなにディザスターと一体化してしまったことを告白する。そしてみんなをハルユキの部屋に置いていったまま無限フィールドでポイント全損するつもりだった。
部屋を飛び出して、ダイブカフェに行こうとしたハルユキだが、その歩みを止めようとする女子高生がいた。可愛らしい女子高生(日下部 輪)は自分がアッシュローラーだと告白する。
輪はニューロリンカーを2つ使うことが可能とのこと。一つは自分の、もうひとつは兄のニューロリンカーだ。赤ちゃんの頃兄が試しにつけたところ使えるようになったとのこと。兄はバイクのレーサーだったが、事故で昏睡状態になってしまったとのこと。兄の病院にお見舞いに行っているさなかに師匠(レイカー)に認められて、BBQプログラムを渡された。が、本人のではなく兄のニューロリンカーにインストールして使っていると説明した。
兄のニューロリンカーなので、兄のイメージでアッシュローラーになってしまったのだった。
そして、輪はハルユキに告白してしまう。ハルユキのリアルは以前から知っていたが、ハルユキのリアルにも羽があると伝える。そして、輪はディザスターはアッシュが消してみせるといってダイレクトリンクしたのだった。
が、アッシュは輪の記憶を持たない(アッシュの記憶も輪は持てない)ので、何を言ったからわからないが、無限フィールドでポイントを消費するのであれば、自分もついていく。自分だけが消えれば問題は解決すると思っているが、残った人間は後悔の記憶が残る、あがいても何とかしてでも解決するしか無いと伝える。
ちなみに、アッシュローラーは輪でも兄(輪太)でもなく、第三の意識とのこと。
戦いが終わって現実世界で待っていたのは師匠である楓子と黒雪姫の冷ややかな目線だった。

部屋に戻り、しどろもどろで説明するハルユキ。仲間のみんなは一度トライをして欲しいと願う。その思いを受け入れたハルユキ。とりあえずは解散となり、みんな家に帰るがハルユキは一人で武蔵野へ向かおうとする。武蔵野の田舎で無限フィールドにダイブし、ディザスターを制御可能なよう訓練をしようとしたのだった。しかし、その行動は黒雪姫にはバレていた。黒雪姫はハルユキを自分の家へ招き入れ、二人の無限フィールドの位置を調整し、フルダイブするのだった。
無限フィールドでハルユキが見たのはディザスターを破壊するためには破壊するしか無いと宣言し、ディザスターに襲いかかってくる黒の王の姿だった。
獣がハルユキを乗っ取ろうとするが、無理やり抑えつけて加速世界を照らす。黒の王と思われたものは厚みがなく、加速研究会の副会長ブラックバイスが姿を変えたものだった。
加速研究会の副会長は初代のディザスターであるクロムファルコンとその恋人のサフランブロッサムを殺した張本人であり、ディザスターを生み出した本人そのものだったのだ。
獣は暴走し、ブラックバイスを叩き潰そうとする、しかしその相手はブラックバイスではなく黒の王だったのだ。
獣が暴走している間ハルユキの意識は深層世界へと沈み込んでいた。漆黒の壁を殴るが、その壁はびくともしない。そこに少年が一人現れる。その少年こそ初代ディザスターであるクロムファルコンだった。クロムファルコンはここは自分の心の底で、誰も抜け出すことはできないと伝える。
必死に脱出方法を考えるハルユキ。ハルユキはディザスターとディスティニーの違いとサフランブロッサムオ出現タイミングに気がつく。ディザスターの場合は、ディスティニーがスターキャスター(大剣)を飲み込んでいて、サフランブロッサムは出現できない。ディスティニーでいる間は大剣が分離されているので、サフランブロッサムが出現することができる。ディスティニー状態で大剣を自分の心にあるクロムファルコンに突き刺せば二人は出会えるのではないかそして、ディザスターを分解できるのではないかと考えつく。
まずはこの心の底から脱出すべく壁に体当たりをかます。とうとう壁が崩れた。その時ハルユキが見たものはディザスターが黒の王を殴り殺そうとしているところだった。
瞬間的に拳の起動をずらし致命的な打撃を避ける。湧いてきた大剣を握りしめて空中で黒の王を突き刺すふりをして、自分自身の心臓に大剣スターキャスターを突きつける。
そこで、とうとうサフランブロッサムとクロムファルコンは出会えることができた。その時、ディザスターは分離し、シルバークロウが復活したのだった。
復活もそこそこ、黒の王とシルバークロウはシンクロしたまま槍をつきたて、ブラックバイスを壊したのだった。現実世界に戻ったあと、ハルユキは黒雪姫に「いつか毎日一緒に夕飯を食べよう」と伝える。黒雪姫は動揺してしまうが、そのセリフを肯定的に捉えてハルユキに笑いかけた。
翌日、謡がハルユキの体からスターキャスターとディスティニーを分離させることに成功し、みんなでサフランブロッサムとクロムファルコンのプレイヤーズホームの鍵を探し、2つのアイテムをプレイヤーズホームに飾って去るのだった。
感想:☆☆☆☆☆(5点満点中5点)
いやあ長かった災禍の鎧編もようやく無事に終わりましたね。SAOの裏にあったのは大方の予想通りアッシュさんでした(笑)、まあ直接本人とは違いますが・・・
今回は緑の王の話が出てきたり、黒雪姫の家族にレギオンの王(巷では白の王の噂あり)がいる可能性があったり、加速研究会や大天使メタトロンなどまだまだ伏線がいっぱいあり、いつになったら終わるのかわからなくなってきましたね。次巻は短篇集みたいですので、こちらも楽しみですね。電撃文庫マガジンに掲載された短編も乗るみたいですね。
少しずつオトナになっていくハルユキやタクム、チユリ。黒雪姫先輩や色々とハーレム状態になってきていますが、今後の進展がは目が離せないですね。次にストーリーが進むのは4月ですかね?
SAOは来春刊行との予告が出ていましたが、多分2月でしょうね。となるとAWの次の次の巻は4月くらいと踏んでいます。
あと、アニメ放送開始時には是非同時刊行などして欲しいですね。

ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 23:10 | Comment(0) | レビュー:川原礫 | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

レビュー:ソードアート・オンライン8

電撃文庫、今月はフラゲ出来なかったので通常のレビューになります。
購入したのは「新約 とある魔術の禁書目録2」、「ソードアート・オンライン 8」、「ゴールデンタイム3」、「幕末魔法士III」、「変愛サイケデリック2」、「嫁にしろと迫る幼馴染みのために××してみた」の6冊です。
まずはソードアート・オンラインから。
内容紹介:電撃文庫サイトより
黒の剣士、キリトが体験した様々なエピソードを収録! 今までの物語を補完する短編集が登場!
『圏内事件』──《SAO》中階層で、一人のプレイヤーが殺された。その殺害現場はHPが減るはずのない《安全圏内》だった。これはプレイヤー・キルだと仮定するも、その殺害方法に全く見当がつかず……。奇怪な事件を、キリトとアスナが追う。
『キャリバー』──《ALO》伝説の聖剣《エクスキャリバー》。その獲得クエストがついに始まった。守護するモンスターたちの強さから一度は獲得を諦めていたキリトだったが、これを機に再び争奪戦に本格参戦する。しかし、このクエストには壮大な裏イベントがあり……。
『はじまりの日』──《SAO》正式稼働初日。茅場晶彦によるデスゲーム開始の声明を受けた直後。キリトが決断した、このゲームを生き抜くための最初の一手。それは、ベータテスト時に攻略経験があるクエストを真っ先にクリアし、初期装備よりも強力な剣を獲得することだった──。
あらすじ紹介:今回は3つの短編からなる短篇集です。
1.圏内事件:一応推理小説風のタッチのためあらすじは省略します。
2.キャリパー:ALO内におけるクエスト。聖剣エクスキャリバーを取りに行く話。電撃文庫マガジン7月号に失敗編が載っていましたが、今回は成功版です。2つの物語の分岐は第三層に捉えられていたNPC(フレイヤ)を助けるかどうかでした。助ける→クエスト成功、助けない→クエスト失敗という流れでした。
3.始まりの日:SAO正式版が開始され、茅場が閉ざされた世界であると発言してから数時間の話。ベータテスターであったキリトは開始されるやいなや有効なクエストがある村へと一人抜け駆けをする。そこで100匹に1匹出てくるレアモンスターを倒し、アイテムを持ち帰ると先祖伝来の長剣が貰えるクエストだった。ひとり頑張っていると、コペルというユーザも追いついてきた。コペルとキリトの二人で戦いクエストをクリア仕様としていたが、土壇場にきてコペルがキリトを裏切り、アイテムを横取りしようとしたのだった。が、その企みは裏目に出てしまい、モンスターはハイディングスキルを使っているコペルを見破ってしまい、襲いかかってきたのだった。キリトはなんとか難を逃れることができたが、コペルはとうとう倒されて閉まったのだった。。。

感想:☆☆☆☆(5点満点中4点)
圏内事件は事前に読んでいたし、キャリバーはweb版をみれなかったのですが、電撃文庫マガジンを読んでいたのであらすじは知っていました。そのため、評価は4にしました。
個人的には失敗編の方がおもしろ方のですが(笑)
そのため、初見は始まりの日のみでしたので、ページ数的には少なかったのでこの評価にしました。
後書きやtwitterで作者もコメントしていましたが、初期の設定から多少ずれてしまう部分もありますが、全般的には良く練られているストーリーだと思います。SAOは次巻からはラストのアリシゼーション編(かなり長い)へ突入するとのことなのでこちらも楽しみですね。
SAOとAWのもう一つの楽しみは巻末の次回予告です。今回はAW9巻の予告が出ていました。川原先生の本を買うときにはいの一番に必ず巻末をチェックするのは私だけではないと思います。


ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 02:53 | Comment(0) | レビュー:川原礫 | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

フラゲレビュー:アクセル・ワールド8

角川グループが先行販売を厳しく取り締まっているみたいなのですが、今月も無事にフラゲをすることができました。近所の本屋さん、これからもがんばってくださいね。
本日は頑張って2冊のフラゲレビューを書きたいと思います。
まず1冊目はアクセル・ワールド8になります。
内容紹介:電撃文庫サイトより
《最強のカタルシス》で送る、次世代青春エンタテイメント最新刊!
「着装……《ザ・ディスティニー》」
《ISSキット》に侵された《シアン・パイル》ことタクムへ、自分の思いを伝えるべく対戦(デュエル)を挑んだハルユキ。しかし、破格の力を得たタクムの前に、為す術もなく倒れる。体力ゲージが残り数ドットとなったハルユキだが、謎の山吹色のアバターの誘(いざな)いを起点に、《加速世界》最強の強化外装をジェネレートする。
「……それが、《災禍の鎧》本来の姿かい?」 暗く妖しく笑うタクムを《ダークサイド》から引き戻し、再びチユリと三人で、明るく笑い合うために!! 光の力を得た《クロウ》と、闇の力に染まった《パイル》、二人の心意が強く共鳴し合い、そして、激突した。
 それぞれの想いが絡み合い、ひとつの大きな物語へと収束したその先にあるものは──!
あらすじ紹介:前巻の引きで、ISSシステムに取り込まれそうに成ったタクにザ・ディスティニーを装着して対応しようとするハル。。が、ディスティニーのみを装着することに抗うザ・ディザスター。結局ハルはディスティニーを右肩までしか装着できなかった。
が、ディスティニーは強烈で、ISSをまとったタクの攻撃を防ぐことに成功する。
タクはISSに飲み込まれてなく、ISSを配っている《マゼンダ・シザー》を倒しうに行くと宣言する。
それを止めようとするハル。二人は心意技で決着を付けようとする。しかし、二人の力は拮抗してしまう。
そんな時に、ISSキットが複製されていく。複製されたISSがハルを攻撃しようとしたその時に・・・・
タクが自爆をして、なんとかハルへの攻撃を食い止めようとした。
結局ハルの勝利で戦いは終了。タクはポイント全損とならずにリアルへ帰還することができた。
しかし、ISSはまだタクの中に入っている。その日はチユリも含めて3人でハルの家に泊まることになった。
3人で一緒に宿題して風呂に入って(こっちは別々に)、直結して並んで寝ることに。みんな寝静まったころ、チユリに起こされるハル。気がつくとチューブ型の空間に二人でダイブしていたのだった。
実はこの空間はタクの中にあるISSが創りだした空間で、タクのISSの情報を収集しているブレインバースト中央サーバのある部屋につながる道だった。コンピュータ室にはディスティニーにの中にいる山吹色したアバターが解説者として存在していた。中央サーバ(メイン・ビジュアライザ)は人の記憶と同じ形式でデータとして保存している、強い意志でが刻まれたオブジェクトは思考回路を持つことがある、
ISSは中央サーバに誰かが仕掛けた種で、ISSを装着している人を夜な夜な召喚して、そのデータを吸い上げるということを行っているなどと解説してもらった。
そこで、ハルとチユリはISSの黒い肉塊に引き込まれようとしていたタクを発見する。
ハルの心意攻撃(光線剣)で黒い肉塊をたたこうとする。本来光線剣は2,3メートルしか届かないが、タクのいるところまでは50mも離れている。チユリの協力を得て、なんとかタクを解放することができたが、黒い肉塊はタクに襲いかかってくる。そんな時、タクが心意攻撃《蒼刃剣》を繰り出し、ISSを本体を打ち砕く事に成功する。ようやくISSの呪縛から開放されるタク。
朝学校に良く途中でバーストリンクして、アッシュと落ちあうことに。アッシュの弟分でISSに犯されたうーたんを助けるチャンスはいまだと伝えようとしていた。アッシュと落ちあうことに成功したが、なんとデュエルをすることに、色々と楽しく戦ったが、結局は引き分けにすることにした。
そこで、アッシュはハルに心意の使い方を教えて欲しいと依頼する。
アッシュの親の師匠レイカーに教えてもらえば良いのだが、レイカー師匠の訓練は厳しく、以前にハルがうけたレクチャー(東京タワーから突き落とされる)は「お客様用のまろやかな訓練」とのこと。それ以上のことをされるのが辛くて、ハルに依頼することにした。
学校では体育の時間にバスケットに挑戦するハルとタク、ハルも少しづつリアルの世界でも馴染んでいくことに、一生懸命頑張りすぎて、倒れてしまうハル。それを保健室でフォローする黒雪姫。放課後は謡と鳥の世話をして、楓子《スカイレイカー》やタクとチユリと合流して帝城の決戦へと挑む事に。
楓子はアッシュとタクが心意の訓練をしようとすることを見抜き(アッシュを詰めて聞き出した)、アッシュを連れて(拉致して)帝城脱出後は訓練をしてあげると宣言をした。
帝城ではリードが待っていて、リードとアーダーメイデン(謡)と3人で敵を倒し、逃げまわり城壁へと到達する。帝城は複雑なダンジョンだが、リードは全てのダンジョンを暗記していた。そして、リードの心意攻撃で城壁を破り、脱出が可能になる。が、リードは帝城を出ないことを選択し、本名?が《アズール・エア》だと名乗る。
城壁の外には四神スザクが控えていた。スザクの攻撃にアーダー・メイデンは腕を失い気絶してしまう。ハルもゲージを減らしつつある、そこにブラックロータス(黒雪姫)を抱えたレイカー(楓子)が特攻してくる。二人は囮になりながらハル達を助けようとしたのだった。
スザクの攻撃を避けたハルにシアンパイル(チユリ)が体力回復をかける。チユリとタクはブラックロータス立ちを助けるようハルに託したのだった。
再びスザクに向かっていくハル。ロータス達二人を抱えてスザクの攻撃を避けるが、飛ぶことにより必殺技ゲージがどんどん減っていってしまう。このままでは捕まりそうになってしまう。そこで、ハルは第二の心意攻撃(?)《光速翼》を発動させることができる。この攻撃で亜空間まで飛翔し、なんとかスザクを振り切る。逆にスザクを倒そうとロータスたちが攻撃を行うが、他の四神からの支援がはいってしまい、スザクは回復してしまう。
残念ながらスザクを倒すことは出来なかったが、無事に帝城から脱出することには成功する。

お約束の修行タイムに突入かと思いきや、アッシュが合流していなかった。
アッシュを探しに行くハル。そこでハルが見つけたのは・・・・・・

ブッシュ・ウータンの死亡エフェクトとISSに犯された5,6人組に嬲られているアッシュの姿だった。
その姿を見たハルは、とうとうザ・ディザスターを呼び出してしまったのだった(続く)

感想:☆☆☆☆☆(5点満点中5点)
またやもや続くです(笑)
3巻連続です。どうにかしてださい。作者も後書きで謝っていますが・・・・(苦笑)
話は帝城編が終わり、次の展開へのポイントとなる部分ですね。
AWの世界観も少しづつでてきて、SAOとの接点(フラクトライトっぽい話)も出てきて面白くなってきたと思います。
ハルもタクもリアルの世界でも成長し、チユリや黒雪姫との関係も気になってきます。
また、今月発売の電撃文庫マガジンのネタふりも入っていて、しっかりを読ませてくれる内容になっているのではないでしょうか?

これから、ハルの成長や黒雪姫の卒業や色々な出来事があると思いますが、少しづつ進んでいって欲しいですね。
次巻は冬に出るとの予告が巻末にありましたので、10月くらいに発売ってイメージでしょうか?
(前回は初秋頃の予告で6月だったので)。8月はSAOの短篇集と1ヶ月おきの刊行ペースはこれからも守ってほしいですね。

ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 23:57 | Comment(0) | レビュー:川原礫 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。