2011年04月08日

フラゲレビュー:電波女と青春男8:入間人間

電波女と青春男8
内容紹介(電撃文庫サイトより)TBSほかにてTVアニメ放送中!
電波で『青春男』を伝播させてるってわけだ。よろしくですよ。
 リトルスマキンが襲来した。
 具体的には、ミニマムサイズの布団ぐーるぐるな存在が、俺と藤和エリオの前に現れた。
 うん、この展開。本来だったら「この地球外生命体みたいなやつの目的とは!?」なんて気張るところなんだろうが、このリトルスマキンにそんな期待(?)をしても意味がなさそうだった。
 しかし、俺はこいつと出会って思い知ったことがある。青春ポイントの低下要因であったはずの藤和エリオ。俺は彼女に、どれだけ依存していたかってことを。
 今回のお話で、俺は宇宙人たちに終わりをコールする。うまくいくかはわからないけど、こうご期待! って気持ちで待ってて欲しい。
 てな感じで、なんだかんだあっても。
 俺たちは、相変わらず青い空を眺めて、遙か宇宙を目指すんだ。
 だって、地球人だから。
 以上。丹羽真でした。

ネタバレストーリー紹介:うーん。電波女はストーリーがほとんど無いんだよねw新キャラで布団を巻いているリトルスマキンなる女の子(小学生位)が登場。自称宇宙人で、最後まで顔は見せなかった。
エリオは少しづつまともになりつつあり、自分自身が将来は宇宙飛行士になると宣言できるまで復活(なれるかどうかはおいておいて)。
リトルスマキンは真にまとわりついている。そこにヤシロも絡んでもう意味不明(笑)
マコトと前川さん、リュウシさんとの関係は相変わらず変化なし。女女さんも相変わらず目女女さんでした。
リトルスマキンを更正させるために、エリオと同じくチャリで海へダイブする。やっぱり空を飛べるわけが無くずぶ濡れになってしまうマコトとリトルスマキン。丘に上がってリトルスマキンが布団を剝いで素顔をマコトに見せて消えてしまう(具体的にどうだったのかは不明)。
エピローグとして、今までサブキャラとして登場していたメンバかぐや姫さん、大井さん親子(美容院の人)がちょろっと顔出し。最後のページでマコト、エリオ、女女、リュウシ、前川さん、ヤシロが見開きで笑顔で書かれていていて左下にendと書かれて終了。

感想☆☆☆(5点満点)
うーん、入間の書きき物で唯一楽しめて読めていた電波女シリーズが終わってしまいました(SF版はまだ味読ですが)ミーマーは2巻まで読んで力尽きて積読状態になってしまったし、ほかのシリーズは食指が動かなかった。7巻がIFのエンドだったので次巻でどう出るか期待していたんだけど終わりだったのか・・・・
アニメもスタートするみたいだからもう1巻くらい出してから終わりかな?と想像したのが外れてしまった。
終わりといっても、主人公と登場人物の関係は変わるわけでもなくこれからも日常が続いていくよ〜という終わり方だったので、ちょっとあっさりというか、入間さんらしいというかもにょり感はあった。

ということで、入間さんの新シリーズが出ても購入対象としないことは決定。でも電波女のアニメにはかなり期待しています(まどまきのシャフト+新房で、 虚淵玄氏が絡んでないからね(笑)

ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 00:56 | Comment(0) | レビュー:入間人間 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。