2011年12月23日

フラゲレビュー:恋物語

アクセル・ワールドがまだ書き終わっていないのですが・・・・
内容紹介:講談社BOXサイトより:これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!

“片思いをずっと続けられたら――それは両想いよりも幸せだと思わない?”
阿良々木暦(あららぎこよみ)を守るため、神様と命の取引をした少女・戦場ヶ原ひたぎ。
約束の“命日”が迫る冬休み
彼女が選んだのは、真っ黒で、最悪の手段だった……。
<物語>はその重圧に軋み、捩れ、悲鳴を上げる――

青春は、きみに恋するためにある。
著者コメント:『100パーセント趣味で書かれた小説です。』。
『化物語』をそんなフレーズと共に世に送り出してから幾年が過ぎ、今、シリーズ化したその世界観に何度目かのピリオドを打つ一冊『恋物語』をお届けできることをとても嬉しく思います。
冊数にして12冊目。
ここまでくればそろそろ『趣味』から『労働』になっているのではと思いきや、さにあらず。
むろん、素晴らしいアニメを作っていただいたり、別シリーズを始めてみたり、今回のような大々的なフェアを開催していただいたり、『発表する気もなく自分用に書いた』とはさすがに言えなくなっておりますが、それでも意欲そのものはあの頃と同じです。って言うか、たぶん『労働』だったらこんなには働かない。
一冊一冊、一話一話を常に最終話のつもりで書いている物語シリーズとは言え、セカンドシーズンと銘打って始めた一連のお話をこうして『書き尽くせた』のは、やっぱり『趣味』でやってるからなのだろうなあと思います。
漫画化と文庫化に同時に恵まれた『零崎双識の人間試験』から始まる人間シリーズも、 あるいは今まで書いてきたどの小説も、根本にあるのはきっとそんな趣味性なのでしょう。
これからも僕は小説に、そして物語に『尽くして』いきたいです。

あらすじ紹介:語り部はなんと貝木だった。阿良々木君たちが3年の正月に
貝木は戦場ヶ原ひたぎから連絡を受ける。何故か沖縄で落ち合うことになった二人、ひたぎは貝木に「ある人を騙して欲しい」と依頼する。グダグダと悩むが、結局は依頼を受ける。それも10万円のみで受けてしまう(当然赤字)。前作で神様となってしまった、撫子をだまして、阿良々木君と忍とひたぎを殺さないようにして欲しいとの依頼だった。
神社のある街に到着し、調査を開始する。撫子にあい、両親に会い対策を考える。両親に面会し、撫子の部屋を見させてもらうが、両親も開けれないクローゼットの引き出しが・・・
後日、両親を騙してクローゼットの中身を見てしまう貝木。
撫子とあやとりをやったり、お酒を飲ませたりと騙す策略を練る貝木。臥煙の要請で来た余接にあったり、羽川が会いに来て、色々と話しをする。羽川は暦やひたぎに今日本に居る事を黙って欲しいと伝える。
今回の事件のディテールを知る貝木。対策が決まった。
意を決して撫子にあい、嘘の情報「阿良々木たちは交通事故で死んだ」と伝える。
が、嘘であることが直ぐにバレてしまい、殺されかかってしまう。
そんな時にクローゼットの中身(自作の同人誌)をばらしてしまうについて言及し、「マンガを書くことが一番好きなんだろ」といい、撫子の同様をさそう、頑張って書いてマンガの神様になれと伝える。撫子は判ったといい、「騙されて上げる」と言い、蛇を開放してしまう。
ちょうどその時に暦が神社にやってきた。貝木は「臥煙先輩に頼まれた」と嘘をつき、撫子を連れて帰るように暦に指示を出す。
これにて一件落着かとおもいきや、以前に撫子に呪いを掛けた中学生が「扇の言うとおりだ」と叫んで金属バットで殴って、意識が遠のいて修了。
感想:☆☆☆(5点満点中3点)うーん、語り部を貝木にし、誰も死なない、ある意味変なエンディングなお、おもしろう要素はありすが、落ちがいまいちでした。いきなり漫画家になる!では納得感が低すぎます。羽川との件とかは面白かったのに、残念です。

物語シリーズは今回で「セカンドシーズン」が修了で、来季から憑き物語、終物語、属終物語とファイナルシーズンが始まるとのことです。
たのしいみやら、あきれるやら、期待やら・・・

ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 02:39 | Comment(0) | レビュー:西尾維新 | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

鬼物語 検証

鬼物語の続きです。100%ネタバレで書かれています。
気になる方は飛ばしてください。

今回の話は傾物語と猫物語(白)の間の話になっています。
なので、時系列や登場人物がかなり混乱してしまう方も多いのではないでしょうか?(私もそうですが・・・)

ということで、2chにこんな投稿がありましたので、参考にしてください。

23日朝方〜:山を降りた阿良々木達が門構えのいい家で臥煙と会う
・臥煙の頼みで3つの約束をする。神原の紹介&仕事の手伝いをする&神原にも仕事を手伝うように要請
・”くらやみ”説明後、臥煙は帰る(阿良々木からの連絡待ち)
・八九寺成仏後、臥煙の仕事を手伝うために阿良々木と余接は町に戻るため移動

23日学校内:羽川と神原が会う
・阿良々木が神原に「今晩九時二階のひとりで教室に来てくれ訊きたいことがある」とメールしたのを確認
・阿良々木君の文章がやや乱れていることから焦りを意味していると羽川は思う
・羽川は神原に教室ではなく学習塾跡の意味では?と伝える

23日21時:神原との待ち合わせ時間
・この時に阿良々木と神原が会っているのかは不明
・臥煙が神原と会っているのかも不明

23日24時〜:ブラック羽川と忍が学習塾跡へ
・このときの忍は阿良々木とペアリングしていない
・到着した時には学習塾跡が全焼していた

24日登校時:羽川がエピソードと臥煙に会う
・臥煙はエピソードを用件も言わずに呼び出した
・臥煙「追っかけ余接も来るだろう」

24日学校内:神原は学校を無断欠席したのを羽川が知る

24日19時半〜:阿良々木家で羽川が写メを撮って阿良々木に送信&手紙を書く

24日夜〜:ブラック羽川と苛虎が会う。後に、心渡を持った阿良々木登場
・阿良々木「送られてきた写メを見て、全てを投げ出して駆けつけた」

猫白の後日談:阿良々木「万事丸く収まった」と羽川に伝える

鬼の後日談:阿良々木「エピソードと協闘することになろうとは……」
「忍とは町に戻ってすぐに合流し、ペアリングを戻した」(臥煙さんによって)
「神原には悪いことをした」(仕事に巻き込んでしまったため)と扇に伝える

このへんの整理+なでことの決着をのこり1巻で終わらせることできるんでしょうか?
それとも23日〜24日の話は無かったことになってしまうのか?サードシーズンになるのか?

12月の最終巻が刊行されるのが楽しみですね。

ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 23:55 | Comment(0) | レビュー:西尾維新 | 更新情報をチェックする

フラゲレビュー:鬼物語

ようやく読み終わりました。都心では27日にフラゲできたみたいですね。私は28日に購入しました。
内容紹介:講談社BOXサイトより
これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!

“誤解を解く努力をしないというのは、嘘をついているのと同じなんだよ”
阿良々木暦(あららぎこよみ)の影に棲む吸血鬼・忍野忍(おしのしのぶ)。彼女の記憶から呼び覚まされた、“怪異を超越する脅威”とは……!?
美しき鬼の一人語りは、時空を超えて今を呑みこむ――!!

きみだって、知ってたはずの嘘だった。
あらすじ紹介:傾物語の話が終わった直後(タイムスリップから阿良々木暦と忍野忍が返ってきた直後)、北白蛇神社から帰宅する八九寺真宵と暦。暦の家に忘れていった八九寺のリュックサックをとりに向かう途中からスタート。相変わらずのセクハラ三昧の暦。自宅に到着後リュックを八九寺に返し、食事にでかけようとしたときに、暦は「それ」を見つけた。
「それ」は真っ黒な「くらやみ」の穴だった。「くらやみ」が八九寺と暦に襲いかかってきた。慌てて自転車に乗って逃げる二人。セクハラ行為を混ぜながらひたすら自転車を漕いで逃げようとするが、残念ながら二人は「くらやみ」の中に飲み込まれそうになってしまう二人。そこに登場したのは斧乃木余接。余接は「アンリミテッド・ルールブック」と唱え学習塾後の廃墟(昔忍野メメが住んでいたところ)に逃げることに成功する。余接は暦にキスをして仕事を処理するために廃墟を後にする。
残ったのは気絶している八九寺と暦。暦は早速八九寺にセクハラを働かそうとするが、寸前のところで忍に邪魔をされてしまう。
忍に「くらやみ」の件を聞こうとする暦。忍は過去にあの「くらやみ」有ったとことがあると昔話を始める。
役400年前に南極から日本に引越ししてきた?忍は到着したその周辺領域で神と崇められてしまう(南極から日本までは大ジャンプでひとっ飛びだが、着地した所が大きな湖だったので、湖を消し飛ばしてしまい、それを人間に見られたため)
その地で怪異殺しをやっていたある侍に出会う。1年以上日本に滞在していた忍。1年を過ぎると周辺住民がひとりふたりと消えてしまっている。そして気がついたら廻りの村は無人と貸してしまっていた。そして、怪異殺しの仲間もいなくなってしまった。忍と怪異殺しは二人で調査に出かけるがその時に「くらやみ」にあってしまう。飲み込まれそうになる二人だが、かいい殺しは右手のみ、忍は体の3/4を飲み込まれ手島邸た。そこで忍は再度南極に大ジャンプで逃げることに成功する。しかし、南極は寂しいので右手のみになってしまった怪異殺しの血を吸い眷属として生き返らせることに成功する。という話を暦にした。
しかし、「くらやみ」を倒すくことは出来なかった(「くらやみ」の正体もわからず)
その話を隣の部屋で余接が聞いてしまっていたのだった。余接と忍が一色触発状態になる中、八九寺が目を覚ます。早速セクハラしようとして、幼女(忍)、童女(余接)、少女(八九寺)からフルボッコにされてしまう暦。そんなじゃれあっている中「くらやみ」は廃墟まで追いかけてきたのだった。
また余接の「アンリミテッドルールブック」で逃げる3人。(2県離れた山奥にジャンプしたらしい)
ところが、暦と忍のペアリングが切れてしまい、その影響かどうか分からないが12時間ほど暦は意識を失ってしまう。
とりあえず山を下る3人。ようやく民家を見つけて手助けをしてもらおうとするが断られてしまう。
が、とある民家を尋ねるとそこにいたのは臥煙伊豆湖だった。
臥煙に助けを求め、元の町に戻ろうとするが伊豆湖にとめられてしまう。そして、「くらやみ」の正体を看過してしますのだった・「くらやみ」は怪異が怪異としてイレギュラな行為を止めるための調整者だったのだ。また、今回のターゲットは忍ではなく「八九寺」だったのだ・
八九寺は元々は怪異だったが、暦の活躍で地縛霊に昇進したことになっていたが、本来は元の場所(天国?)に戻らなければならないと守らせるために作られたと伊豆湖に説明される。
解決方法は八九寺が成仏するしか無いと伝える。そして、八九寺は「くらやみ」に食われる前に成仏すれば解決すると伝える。
そして八九寺は成仏して行ってしまった。
感想:☆☆☆☆(5点満点中4点)
暦視点で書かれていることに久しぶり感が募ります。テンポは以前とかわらず非常に読みやすい物語になっています。が。あと1巻しか無いのですが本当に無事完了するのかストーリー展開が心配になってしまいますね。
ストーリーも面白かったですが、新たなフラグや未解決のフラグがある中本当に終わるのか心配になってきますね。まさか上中下なんて組み合わせで完結までさらに半年も待たなければならない状況が発生するのか楽しみですね。

本編の八九寺が成仏するシーンもちょっと感動的でしたが、最後のあらすじにある一言が非常に心にしみました。
(勝手引用中)西尾維新より
この物語を愛すべきキャラクター、八九寺真宵に捧げたいところだけれど、どーせうけとってくんねーだろーなー、あいつ。

ちょっとうるっと来たのは内緒です(笑)
ポチっとご協力ください。
にほんブログ村 コレクションブログ UFOキャッチャー(クレーンゲーム)へにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
posted by とも at 02:56 | Comment(0) | レビュー:西尾維新 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。